小林製薬の「ヒフミド(hifmid)」使用レビュー、敏感肌の原因はセラミド不足かも?。

小林製薬_ヒフミド

この記事は商品の提供を受けて書いています。

さて、小林製薬の ヒフミドトライアルセット をお試しさせていただきました。

個人的に小林製薬のヒフミドシリーズを使うのはこれが初めてではありません。30代の終わりごろに激しく愛用しておりました!が、浮気っぽいわたし、フラフラと浮気をしてしまいましたの・・・汗

結論。

ヒフミドはお肌が乾燥している・・・お肌がひりひりする・・・という敏感肌にはいい働きをします。このシリーズを使って、わたしは乾燥肌や敏感肌にはセラミドって重要なんだ!と強く実感したもの。また機会があれば再開させてみます。

何を塗っても干からびてしまう人、ヒト型セラミドが惜しみなく配合されたセラミドを使ってみてください!

スポンサーリンク

セラミドとは?

化粧品成分検定公式テキスト 』によりますとセラミドに関して、以下のように説明されています。

  • 植物・動物・酵母由来など様々な種類がある。
  • 「スフィンゴ脂質」とも呼ばれる細胞間脂質の一つ。脂質であるが、親水性も保持し、油にも水にも溶ける。
  • 角質層内で肌を外部刺激から守る、バリア機能の働きをする重要な成分。

セラミドには複数のタイプが存在します。

セラミド1 水分保持の働きがあり、外部の刺激を防ぐ優れたバリア機能を持っています。非常に効果なセラミド。
セラミド2 皮膚の保湿力が高く、バリア機能を高めます。毛髪にも多く、人間の肌に最も多く含まれています。化粧品にもよく使用されます。
セラミド3 水分を保持し、皺を抑制、減少させます。
セラミド4・セラミド5 角質の脂質バリア層をつくり、保持します。
セラミド6・セラミド6Ⅱ セラミド3と同じ働きをするほか、正常な肌のターンオーバーを促します。
セラミド7 細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整えます。

セラミドは通常、人の体内で作られます。

しかし、セラミド3とセラミド6は加齢に伴い、減少するとされています。また、アトピー肌の方や敏感肌の方は何らかの要因でセラミドが不足している場合もあるそう。

敏感肌のわたしはかって、小林製薬のヒフミドを使って、「あ、わたしってやっぱりセラミドが足りなかったのね!」と強く実感しました。今回、使ってみると久しぶりにまた実感しました( ;∀;)

【豆知識】ヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分は肌に与えられた水分が蒸発しないように水分を引き寄せておくことで保水します。

一方、セラミドは角質層内でバリア機能を整え、健康な肌質に改善することで、肌本来の水分保持力を高めます。

参考:『 化粧品成分検定公式テキスト

小林製薬の「ヒフミド(hifmid)」。

小林製薬_ヒフミド

小林製薬のヒフミドシリーズはセラミドを贅沢に配合したスキンケア。今回、お試しをしましたのはトライアルセット。セット内容は以下。

  • クレンジングミルク(メイク落とし) <10mL>
  • ソープ(洗顔ソープ) <16g>
  • エッセンスローション(保湿化粧水) <20mL>
  • エッセンスクリーム(保湿クリーム) <4g>
  • UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地) <5g>
  • レース柄スパバッグ
小林製薬_ヒフミド

レース柄のスパバックがついてきます。

というわけで早速使った感想なぞを記載したいと思います。

セラミド2配合、クレンジングミルク(メイク落とし)。

小林製薬_ヒフミド_クレンジングミルク

最近は植物オイルでクレンジングか、手持ちの洗顔フォームでメイクを落としています。

それらに比べると餅は餅屋、という仕上がりですね。

非常に軽いホイップクリームのようなクレンジングミルク。肌馴染がよく、マイルドな使い心地。

メイクはパウダリーファンデーションだけのわたしはスッと落ちますが、メイクが濃い人には厳しい印象。というか、落ちないかもしれません。セラミド2が使われています。

小林製薬_ヒフミド_クレンジングミルク

セラミド2配合、ソープ(洗顔ソープ) 。

小林製薬_ヒフミド_洗顔ソープ

非常にふわふわモコモコの洗顔ソープ。

悪くはないのですが、特に印象に残らない洗顔ソープ・・・汗。

逆の言い方をすれば、敏感肌の邪魔をしない洗顔ソープという感じでしょうか。

ただ、この洗顔ソープ、現品で購入をすると結構なお値段がするんですよね(80g・3,000円)。

そのお値段に見合うのか、と言われると悩ましいものがあります。。。すみません、辛口で(;´・ω・)

セラミド1・セラミド2・セラミド3配合、エッセンスローション(保湿化粧水) 。

小林製薬_ヒフミド_化粧水好きです!

ヒフミドシリーズはクレンジングや洗顔よりも、化粧水~クリームラインが好きだったんですよね。

これを塗ると、分かりやすくしっとりもちもちのお肌になります。お肌の肌理も一気に整います。

ああ、今、セラミドを吸い込んでいるー(?)と一人にんまりとしちゃいます。この化粧水を使って、「あ、わたしのお肌はヒアルロン酸よりもコラーゲンよりもセラミドを必要としていたんだ」と強く実感したもの。

セラミド1~3が配合。

小林製薬_ヒフミド_化粧水

セラミド1・セラミド2・セラミド3配合、エッセンスクリーム。

小林製薬_ヒフミド_エッセンスクリーム

これまた、好きです!

化粧水とまったく同じコメントですが、これを使うとお肌が分かりやすくしっとりとモチモチとなります。非常に軽くてフワフワのホイップクリームのような感触。

ベタベタ感は皆無でさっぱりとした仕上がり。

小林製薬_ヒフミド_クリーム

セラミド1・セラミド2・セラミド3配合、UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地)。

小林製薬_ヒフミド_UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地)

これは今回、初めて使ったかも。

ほんのりとピンク色がついており、軽いメイクにいいかもしれませんね。

化粧水・クリームの上に馴染ませました。クリームの潤いがあってこそ伸びる日焼け止め、という印象。刺激等はなく、優しいテクスチャ。

後ですね、非常に色が白く仕上がりますね。わたしのお肌の色が小麦色だからそのように感じるのかもしれませんが、肌と色が馴染むようで馴染まない、と。

色白の方向けの日焼け止めクリームだと思います!

小林製薬_ヒフミド_UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地)

「ヒフミド」を5日ほど使ってみて変化はあった?

感想としましては・・・

ヒフミドはとにかく潤いますなー!

という感じですね。相も変わらず40代敏感肌の管理人のお肌とセラミドとの相性の良さを再認識したもの。

特にヒフミドの化粧水とクリームは絶品だと個人的に思っています。わたしの頭の片隅に常にヒフミドの存在がありますもん。

そして、ここ最近、スキンケアのさぼりによる急激なたるみに悩んでおりますが、そのたるみ対策にも役立っているような気がします。たるみの原因の一つはお肌の乾燥と言われていますので、お肌が必要とする潤いを与えることで解消されることもありますね。

何よりもモチモチとした感触って幸せになりますよー。

管理人のようにヒアルロン酸やコラーゲン配合のスキンケアではイマイチ実感できなかった方、是非、セラミド配合のスキンケアをしてみてください。

あなたのお肌が必要としている「潤い成分」は何か?ということですね。

小林製薬の「ヒフミド」お試しセット購入。

加齢に伴い減少するとされているセラミドですが、セラミド配合のスキンケアはどうしても価格がお高くなりがちなことがネック。その中、小林製薬のヒフミドシリーズはまだ手が出しやすいラインを揃えてきている印象。

まずはお試しセットからいかがでしょうか!

クレンジングミルク(メイク落とし)
ソープ(洗顔ソープ)
エッセンスローション(保湿化粧水)
エッセンスクリーム(保湿クリーム)
UVプロテクトベース(日焼け止め・化粧下地)
レース柄スパバッグ

980円、送料無料。

詳細 ヒフミドトライアルセット