2017/05/20

前月比、PMS(月経前症候群)はかなりマシ、わたしが意識した5つ。

anemone-179006_1280

わたしの生理周期は短いです。

25日~26日という実に悪魔のサイクル。なので、現在、絶賛PMS期。予定では明日、もしくは明後日に生理がくるはずです・・・トホホ。

で、前回は私生活上でいろいろと衝撃的なことがありまして、PMSがヘビーになったという。

わたしの日常:急なお通夜、その時にわたしはAmazonプライム便で喪服を購入。

そのヘビーさときたら、余りにも久しぶりのヘビーさで布団で2~3日寝込むほどでした。最近、割とPMSと生理痛は楽だったのに!と愕然としました。

〔参考記事〕久しぶりにヘビーだったPMS(月経前症候群)、原因は何?

明らかにストレスが要因ゆえのヘビーさ。

なので、ストレスさえ取り除けばいいのか、と思いましたが、これをきっかけにちょこっとPMS対策に取り入れたことがあります。その効果のほどを検証したいと思います!

〔参考記事〕女の体は繊細!PMS(月経前症候群)対策を今一度考える。

スポンサーリンク

取り入れたこと。

どれが効いているのか定かではありませんが・・・まず、現在、実践していること。

  • 砂糖断ち
  • ウコンの摂取
  • 梅しょう番茶の摂取
  • ストレッチ・ヨガ
  • ラベンダーの精油
  • オメガ3の摂取

砂糖断ち。

白砂糖は百害あって一利なし、ということで現在、脱シュガー、シュガーデトックス、砂糖断ち、さようなら白砂糖強化月間中なう。

白砂糖は子宮を冷やすクーラーだとか白砂糖の摂りすぎは生理痛の悪化に繋がる、という話を聞いたことがありませんか?

女性ホルモンの代謝と関わるビタミンB群は、体内の糖分を分解する際、多量に消費されます。その結果、女性ホルモンのバランスが乱れて生理痛が酷くなるといわれます。

分かってはいたんだけれど・・・(・・;)で、今回、ゆるゆると砂糖と断ち18日目。PMSはかなりマシです。多少、下腹部は重たいけれど、イライラも少ないし、何よりも元気な感じです。

今までいかに無意識に白砂糖の過剰摂取で体をいじめていたことか・・・反省。

〔参考記事〕砂糖断ち・砂糖抜きの過程まとめ(2015年2月10日~現在)。

ウコン・梅しょう番茶の摂取。

ターメリック

わたしは重度の冷え性。

それがウコンの摂取により、少しずつ体が温もってきていることを実感します。ウコンのパワーはマジですごいよー

〔参考記事〕良薬は口に苦しとはこのことか・・・違う、粉末紫ウコンお試し顛末記。

ウコンの体を温めるという作用により。体が温もりを少しずつ感じてきた結果、子宮も温もり、PMSが抑えられているんじゃなかろうか、と考えております。

梅しょう番茶はウコンほどの即効性は感じられませんが、じわじわと飲み続けている効果が出てきているのだろう、と信じております。

ストレッチ・ヨガ。

花粉&黄砂の攻撃により、ウォーキングが減った分、ストレッチ・ヨガを意識して取り入れるように。

〔参考記事〕簡単&楽チン&即効性!美容と健康に嬉しいリンパストレッチという選択肢。

〔参考記事〕一押しのストレッチ本『リンパストレッチで不調を治す!』で体を整えよう。

あと、同じリンパストレッチ系として『リンパケア革命―耳たぶ回しで顔も身体も生まれ変わる!』も取り入れはじめました。

リンパストレッチ系はヨガの敷居が高い人にもオススメ。お手軽&効果が顕著、という特徴があります。また、理屈から入ることが多いので、頭で納得できると続ける効果もあります。

ラベンダーの精油。

リラックス作用を求めて・・・という感じでしょうか。

微妙に効いているような気がします。わたしの使い方は寝る前のホットタオル&風呂場の隅にラベンダーの精油を2~3滴垂らす、など。

〔参考記事〕眠れない夜のお供にはラベンダー + ホットタオルが鉄壁。

オメガ3の摂取。

IMG_20150206_しその実油_4

αリノレン酸を豊富に含むオメガ3系のオイルは本当に優秀。きちんと摂取すれば、きちんと答えてくれます。

〔参考記事〕美容と健康のため、オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)を摂取しよう。

〔参考記事〕女性に嬉しいオイル、えごま油が「林修の今でしょ!」で紹介されたっぽい。

しそ油、えごま油以外にもオメガ3系のオイルはいろいろとありますので、お好みのものをチョイスしてくださいね。尚、しそ油とえごま油はほぼ同じものだと思って間違いはありません。

〔ニュース〕オメガ3脂肪酸はPMS(月経前症候群)の症状を緩和する

今後も継続をしていきます。

前回の生理は衝撃の大きいストレスにより、PMS・生理痛ともに重たくなりました。

今回はそんなストレス要因が今のところ見当たらないのでさほど重くならないと思っていますし、事実、重たく感じておりません。

今後の課題としては強いストレスを受けたとき、いかにして心と体の回復につとめるか、ということですね。

瞑想でも再開するか・・・

でも、衝撃を受けるのは当然のこと、という考え方もありますよね。衝撃は衝撃としてきちんと受け止めること、みたいな。

このあたりを今後考えていきたいと思います。