2015/11/13

体にもやっぱりたまには石鹸を使おうと思った件。

石鹸 イメージ

顔も髪も宇津木式にするならば、体も宇津木式、というかタモリ式というか、湯オンリーで洗おうと決意して続けておりました。

が、あることをきっかけに部位によってはたまに石鹸を使おうと思いました・・・

元々、わたしは体全体を洗わない女でした。脇の下、股間、足だけ石鹸で洗う日々を過ごしておりました。

https://age.watamemo.com/post-80/

が、宇津木式に入り、これらも断ち切り、全てを湯で洗い流す、たまーに手ぬぐいを使う、という洗い方に切り替えておりました。するとね・・・恥ずかしい話ですが、股間が何だか痒くなってきましたの・・・トホホ。

一瞬、腟カンジダかと思いました。わたしは今まで腟カンジダの症状を感じたことがないのですが、血の繋がった妹が腟カンジダを繰り返していたことを知っていたので、ついにわたしも!?とパニックに。

一方で冷静に考えて、「洗いが足りないのかも?汗による接触皮膚炎かも?」と思い、しばらく石鹸を復活させて、丁寧に洗い、困ったときのラロッシュポゼ ターマルウォーターをシューシューと振りかけ、そのまま下着を履きました。それこそお手洗いに行くたびに。

するとですね、すぐに症状が落ち着きました。なので、腟カンジダではない、と思います(思いたい・・・)。

スポンサーリンク

やっぱり石鹸を使うときは使う。

湯で洗い流していたつもりが洗い流せていなかったのでしょうか?それとも、下着にかぶれたのでしょうか?免疫力が低下していたのでしょうか?

いろいろと考えましたが、今回のことでやはり、股間には石鹸を使おうと思いました。

ただし・・・

優しく、優しく、ある種の大雑把さと同時に。

ぐらいの感覚で。ちなみにわたしは手で洗っております。

そして、季節によっては週に1度だけ、とか1日置きに・・・とかいう形で毎日、という形は避けていこうと思います。

だって、股間以外は石鹸を使わなくてもとくに問題がないですからねー・・・

そして、石鹸を使わないときは使わない。

そう、意外と心配していた脇の下の匂いとか足の匂いとか湯で洗い流すだけでもまったく気になりませんね~。脇の下はともかく、足の匂いは本当に気にしたことがないので。ま、わたしが気づいていないだけかもしれませんがorz

確 かに汗をかくと脇の下も足も匂いはありますが、それは石鹸を使っていたときもありました。その頃と石鹸をつかわない現在がたいして変わらないのなら、使わ なくてもいいんじゃね?ぐらいの感覚です。でも、全身も3か月に1度ぐらいは手ぬぐいを使って洗おうか、と思っております(笑)。

ちなみに足は湯で流した後、よく拭き取って終わり。が、脇の下は下記の商品を愛用しています。

 

デオナチュレ クリスタルストーン 60G
シービック
売り上げランキング: 787

まぁ、使ったり、使わなかったりですが。家にいるときなどはまったく塗りませんが、出かけるときは入浴後、朝と2回塗るだけでそれなりに匂いは抑えてくれます。汗はまったく押さえてくれませんが。

ちなみにこれもラ ロッシュ ポゼのターマルウォーターで濡らして塗っております。

すげーぜ、ラ ロッシュ ポゼのターマルウォーター!

石鹸を使わないということは。

体を湯だけで洗い流す、石鹸を使わない、ということは体に向き合うことなんだなーと思いました。

習慣的に体を石鹸で洗っていたとき(といっても、脇の下と股間、足だけでしたが・・・)は、同時に発生する匂いをなんとか抑える方向でスプレーとかシートを使いまくっていました。そうやって、根本的に解決を考えることなく、匂いがあるのは当然として、それをいかにして抑え込むという方向にしか考えられませんでした。

で も、現在は抑え込むというよりも、その匂いや痒みがあれば、「何故か」と考えるようになり、むやみやたらに市販品に手を出すのではなく、それを解消する方 向で考えられるように少しずつなってきました。匂いも痒みも発しているのはわたしの体です。わたしの体を何を訴えているのだろうか、と。

性急さではなく、ある種の諦めと共存する感じでしょうか。そして、自分の体と向き合う時間を持てたような気がします。若い時では無理ですね・・・

その気づきに感謝をして、体と向き合っていきたいと思います。