2017/05/21

オブラートは偉大だった、春ウコンの不味さは想像の斜め上。

さて、昨年末から開始したウコン。

ウコンはへばっているアラフォーとアラフィフの夫婦にものすごく強力な威力を発揮してくれました。夫婦ともどもに感じた効果は・・・

  • 疲れにくい。
  • 花粉症に効果アリ。
  • 長い目で抗酸化作用に期待中、という。
  • 胃腸の調子いいかも?

という感じ。で、紫ウコンの粉末を愛用しておりましたが、味に慣れてきた頃、追加で春ウコンの粉末も購入をしました。

参考 良薬は口に苦しとはこのことか・・・違う、粉末紫ウコンお試し顛末記。

紫ウコンの不味さも慣れるとまぁまぁけるよね。だったら春ウコンの粉末もいけるよね?といきなり300gを購入しました。

が、春ウコンの不味さは夫婦の斜め上をゆく不味さ!・・・悶絶しました。

スポンサーリンク

何故、春ウコンも?

以前、ウコンの種類によって効能が違う のか調べたことがあります。この記事を書きながら、思ったこと。お酒を呑まない我が家には秋ウコンは不要だけれど、春ウコンも足してみるといいかもーと。健胃作用や内臓全体の活性化には春ウコンと紫ウコンのブレンドが良いらしいので気になります!

そう、要は健康のために欲張ったわけですね。

効能が違う二種類のウコンを摂取すれば、より相乗効果を生むだろう、と。

で、紫ウコン粉末の不味い味に慣れてきていたので、春ウコンの粉末も同じようなものか、といきなり300g購入!今、思うとものすごく無謀だったorz

早速、春ウコンの粉末を飲んでみる。

IMG_20150329_ウコンのコピー

黄色が春ウコン、その下のベージュが紫ウコン。

春ウコンが到着直後、そのまま、一匙、口に放り込み・・・こんな顔に。

 

q(l||i´ □`)pんがぁ゙ぁ゙ぁ゙あ゙・・・ぁ゙q(´ □`i||l)p

 

不味い!

一言で表現すると「不味い!とにかく不味い!」としか言いようがないっす。

カレーに入っている春ウコン(ターメリック)がこんなに不味いとは想像だにしていなかった・・・!紫ウコンとは不味さのレベルが違いすぎる、という涙。

紫ウコンも不味いんです、でも、紫ウコンは鼻に抜けるような爽やかな不味さ、という感じ。慣れると意外といけるかも・・?と錯覚させてくれる不味さ。

が、春ウコンにそれは無理。爽やかさなど皆無。ただ、ただ、喉奥にまとわりつくような、後味ひくような強烈な苦さというか、なんていうか、もう耐えられない不味さ。飲み終えてもいつまでも舌の上で転がっているような・・・

で、ソッコーオブラートを購入しましたとさ・・・遠い目。

オブラートの偉大さ。

IMG_20150330_オブラート_1

オブラートってそうそう接する機会がなく・・・子供の頃にちょっと使ったぐらいの記憶しかありません。

で、今回もやや懐疑的だったのです、あるのとないのとではまったく違います。オブラート様、とひれ伏したくなる感じ。笑。それほど春ウコンは不味い、という。。。

うまく(?)飲まないと口の中でオブラートが溶けて、「春ウコンの味が舌を刺激する~悶絶する~」となる時もありますが、慣れるとそのあたりも非常に鮮やかに華麗に摂取することが可能に。

本当に、まったく、違います!

オブラート様に乾杯!

あ、春ウコンの効能ですが・・・特に感じておらず(・・;)

紫ウコン単独でも十分なのかなぁと思っている次第です。トホホ。

ウコンに関する関連記事。