2017/05/21

明日から断食に入る、で、最後の晩餐はこれ。

明日1日だけ断食に入ります。

先週末の旅行で海産物&米&肉を食べすぎたことにより、どうやら胃腸がへばっている様子。半日断食とか誤魔化しながらやってみたけれど、効果がイマイチ。

なので、本断食とな。

断食は始める前日と断食明けの回復食が勝負。

というわけで本日の昼食は軽く、夜はスープとイチゴだけ・・・

かぼちゃスープ

うまかった。お代わりをしてしまったwww

イチゴは要らないんだけれど、冷蔵庫に残っているのを片づけないと傷んでしまう・・・涙。

スポンサーリンク

テキトーかぼちゃスープ。

材料。

  • 野菜:かぼちゃ・マッシュルーム・玉ねぎ・人参
  • 無調整豆乳
  • コンソメ
  • 塩・胡椒

レシピ。

  • 細く切った野菜をオリーブオイルで炒める。
  • 水を放り込み、コトコト。
  • コンソメスープを心持少なく入れる。※今回は水500CC豆乳200CCでコンソメ1個。
  • 野菜が煮えたら冷まし、がーっとミキサーorブレンダーにかける。
  • 再度、火にかけ、豆乳と塩胡椒で味を調える。

至ってオーソドックスなポタージュスープ。

わたしは割と濃厚なスープを好みますので、今回もかなりどろ~りとしています。野菜の割合が多くなればなるほどどろ~り度合いも高くなります。

あっさりとした、サラサラのスープの方が好きな人は野菜を少な目か水&豆乳を多めに入れるかですね。

これを約2杯飲んじゃいました…てへっ。

これは断食明けの回復食として、もう少し薄めて夜飲もうとも思っています。

1日断食。

1日断食は今まで何度も実践しています。半日断食はもっとしょっちゅうやっていますね。

が、1日断食はかなり久しぶりですので、きっちりと考えたいもの。また、今までは1日断食のお供として市販の野菜ジュースを使っていましたが、今回はもう少し腹持ちのいいバナナ&豆乳を使うことにします。

わたしはダイエットはまったく望んでおらず、胃腸を休ませることを願っているだけですので。固形物を食べないで胃腸を休ませる、でも、体重はできるだけ落とさない方向で考えます。その点、バナナ&豆乳はかなりいいかもーと期待をしております。

◉前日(準備日)
食事は軽めにし、腸と気持ちの態勢を整えておきます。夕食はできればスープくらいに。
◉1日目(断食日)
この日だけ、朝・昼・夜の3食を、バナナ1本と豆乳200ccをミキサーにかけた「リセットジュース」に置き替えます。
水やお茶など水分は、腸のお洗濯のつもりで、いつもより多くしっかり補給しましょう。
このジュースには腸内環境を整える成分がたっぷり。最低限の消化だけで腸を休ませます。ゆっくり噛むようにして飲むと、かなりの満足感です。
◉2~7日(調整期間)
・朝食  リセットジュース1杯
・昼食  おにぎり1個ほど
・夕食  野菜などを中心とした食物繊維の多い食事

断食後にいきなり大量の食べ物では腸がビックリしてしまいます。朝はリセットジュースを続けながら、夕食は2日目には腹五分目、6日間かけて腹八分目くらいまで段階的に食事量を元に戻します。脂っこいメニューは避けましょう。
また、リセットジュースではなく「白湯」を飲むアーユルヴェーダを用いた方法(リンク先参照)もお勧めです。他にも「ハチミツを溶かした水」「青汁」「すまし汁」「酵素ドリンク」など好みでおこなってよいようですが、コーヒーや砂糖入りドリンクは避けます。もちろん、禁酒・禁煙で!

http://news.livedoor.com/article/detail/10061046/

以前やっていた1日断食と流れはほぼ同じですね。

以前は野菜ジュースを使っていたけれど、今回は豆乳バナナジュースを使うというだけ。また、梅しょう番茶も適宜取り入れていきたいと思います。

胃腸と冷えとりのために、朝は梅しょう番茶。

1日断食ぐらいでしたら、まぁー気軽に手を出してもいいと思いますが、長期間やられる場合は専門の医療機関にかかったほうがいいと思います。いつかかかりたい♡

ともあれ、GW終盤に襲い掛かるグルメな日々に立ち向かえるように胃腸の回復を目指したいと思います、マジで。