2017/05/11

『女の曲がりカド』プレ更年期の症状、対処法とは?アラフォー女、立派なプレ更年期中という現実。

イメージ画像 カモミール

30代の半ば頃から体調がすぐれない日が続きました。

病院をハシゴする中で気づいたこと、自分の体を守るのは自分しかいない、ということ。医者は万能じゃない、ということ。患者も勉強する必要があるということでした。結果、わたしの不調の原因として 遅延型フードアレルギー にたどり着き、食事を見直すようになりました。そして、その結果、わたしの体調は分かりやすく浮上しました。

しかし、しかーし、生きている限り、人間の体に悩みというものは尽きないもの。

40歳を超えたこともあり、今度はプレ更年期が気になり、ここ数年、あーでもない、こーでもない、と取り組み中。が、「そもそもプレ更年期って何だ?」と勉強する日々を過ごしております(^^;

わたしのイメージとして、プレ更年期は「汗をかく?ホットフラッシュ?動悸が激しくなる?」という更年期とごちゃごちゃにした知識しかなく・・・というわけで手にした本、『 女の曲がりカド プレ更年期がやって来た! !  』。

いろいろと共感するお話でした。

ちょっと待って!ということはわたしもプレ更年期!?

スポンサーリンク

安斎かなえ著『女の曲がりカド プレ更年期がやって来た! ! 』。

女の曲がりカド プレ更年期がやって来た! !

Amazonの商品紹介 によりますと以下のように記載されています。

40歳を過ぎてから突然やってきた急激なネガティブ思考・些細なことによるイライラ・生理不順・肌のおとろえ。一体なぜそうなってしまったのか?
その原因はアラフォー世代に起きる体調変化・プレ更年期によるものだった――。
プレ更年期と上手に付き合う鍵は女性ホルモンにあり!! というわけで、元看護師の経験を活かし、食事・スポーツ・禁煙・ホルモン剤・サプリメントなど独自の方法でプレ更年期の解消に挑みます。

全ページモノクロ漫画。1971年生まれの作者の絶不調の42歳から試行錯誤の果てにソコソコ落ち着いた45歳の変遷が描かれています。

内容としては実用的というよりも、今後の来るべき(もう来ている?)プレ更年期にどのような症状が起こる可能性があるか、その場合、どうすればいいのか、などが参考になります。そうか、こういう症状がくるかもしれないのか、とシミジミさせられたもの。

そして、今後、プレ更年期で病院にかかる場合、医者にどのように話すか、自分が納得する婦人科医をどのように探すか、妙に納得させられました。遅延型フードアレルギーの時も思ったのですが、医者をうまく使うためには患者も知識が必要ですよねw

また、作者が子ども無し、夫が7歳年上(我が家は6歳年上)、フリーランスの仕事ということもわたしと重なり、親近感湧きまくりw 老後への不安感とかもむちゃくちゃ共感しまくりました~笑

プレ更年期・症状チェックシート。

  • アラフォー世代
  • 頭皮が乾燥してかゆい
  • 白髪が増えた
  • シミ
  • シワ
  • タルミ
  • 視力が落ちた
  • ダルイ
  • やる気が出ない
  • 寝つきが悪く眠りが浅い
  • 怒りを抑えられなくなる時がある
  • 過去を思い出してグチグチ・クヨクヨ
  • 動悸
  • 関節痛
  • 便秘
  • 爪に筋が
  • 疲れやすい
  • 痩せにくい
  • むくみ
  • 生理が変わってきた

チェック項目の数字によって判断が分かれてきます。

  • 0個 ⇒ 問題なし
  • 1~5個 ⇒ ちょっと心配かも、生活や食事を見直してみては?
  • 6~10個 ⇒ 要注意!その不調、ホルモンの乱れのせいかも。 
  • 11~15個 ⇒ 自覚症状がかなりある様子。一度婦人科に行ってみては?
  • 16~20個 ⇒ 立派なプレ更年期の疑いあり!その辛さを一刻も早く止めたいあなた、婦人科に行くことをオススメします。

ちなみにわたしは5個あてはまりました。・・・かなり厳格にチェックした結果ね。。。そう、厳格に。ごにょごにょ・・・ ← ?

プレ更年期、作者の場合とわたしの場合を比較してみた。

女の曲がりカド プレ更年期がやって来た! !

さて、作者のプレ更年期に差し掛かる入り口として以下のような症状が漫画にて描かれています。それを読んでいるといろいろと共感しますね~涙。しかも5個以上あるし・・・ ← ということは!?

  • 生理周期が乱れる
  • 生理がスパッと終わる ← むちゃくちゃ共感
  • 心がネガティブ & 極端に ← むちゃくちゃ共感
  • ピンク色への憧れ
  • 健康に意識がまっしぐら ← むちゃくちゃ共感
  • 老いを感じる ← むちゃくちゃ共感
  • 体脂肪が増える ← むちゃくちゃ共感
  • 夜、眠れない ← ちょっと分かる
  • サプリメントの威力を実感する ← むちゃくちゃ共感
  • サプリメントが増えていく ← むちゃくちゃ共感

ああ、なんか鼓動が激しくなるわ・・・ドキドキ。

わたしは生理周期はまだ乱れていません。26日前後できっちりと来ます。が、昔に比べると生理が終わるのが早くなりました。昔はダラダラ~と1週間ぐらいあったような気がするけれど、最近は3日ぐらいでスパッと終わります。これを「あ、体質改善の結果、生理もスムーズになったのね~」といいように解釈をしておりましたが、果たして真相はいかに!?いや、生理が短くなって楽チンなので放置をしておきますが。。。 ← 汗

後ね、確かに心がネガティブ方向に向かっていくというか、老後の暮らしに対する不安がどぱーんっと出てきました。

若い頃からちょっとしたことでウジウジもするけれど、その一方で気分の切り替えが早い方だったはず。が、ここ数年はうじうじとグチグチといろいろと思うようになりました。わたし、子どもいないし、引きこもり仕事で知り合いも少ないし、6歳年上の主人は確実に先に逝くし(?)・・・わたしの老後、どうしよーと。

何はともあれ、お金よね、とFPの資格をとってみたり(管理人運営の別ブログへ ⇒ 2016年9月、FP3級を受験、知識ゼロから10日間の勉強で合格させた方法。 )。

ああ、こんなことにウジウジ悩むなんて40歳って節目を超えたからかな~なんて好意的に(?)解釈をしていたけれど、それって違うかもしれない。そうか、これってプレ更年期の症状だったのか、と愕然中。

また、若い頃はサプリメントの力ってイマイチ実感できなかったりしました。でも、41歳の今、サプリメントの威力をものすごく実感しています。わたしだけでなく、40代半ばの主人もサプリメント、すげー!と。

リポソームビタミンC の抗酸化力にひれ伏し、豊潤サジー で鉄ってすごーいとシミジミし、プロテイン摂取 で枯れたお肌がぴちぴちしはじめ・・・とものすごーく「サプリメントってありがたいよー」と実感する日々を過ごしていたり(^^; とりあえず、このほか、アスタキサンチンなど抗酸化系のサプリメントは疲れを背負っているわたしに大いに効果がありますw また、エクオールが作れないからだですので、小林製薬のエクオール も摂取中(^^;

参考 食事だけで安心ですか?あなたの体が必要とするサプリメントをチェックする。

そうだ、婦人科にかかろう!

いえ、わたしはまだ大丈夫ですが・・・

上記の「プレ更年期・症状チェックシート」で当てはまるチェック項目が多い方、婦人科にかかりましょう。面倒くさいですし、怖いですけれどね・・・涙

プレ更年期は低用量ピル(OC)が処方され、更年期はホルモン補充療法(HRT)が処方されるようです。また、症状によっては漢方薬が処方されることも。

尚、ホルモン補充療法のために病院へ行く際に以下の3種類を用意していくといいそうです(参考『きれいなKENKO Vol.4―「閉経」いつくる ? どうなる ?』)。

  • お薬手帳
  • 月経の記録
  • 本人と家族の今までの病歴

当日の診察の流れは・・・

  • 問診・血圧測定・投薬説明

以下は必要に応じて・・・

  • 血液検査:ホルモンやコレステロール、中性脂肪、貧血の有無、肝機能など
  • 内診・細胞診・超音波:子宮頸がん、子宮体がん、ほか婦人科疾患の有無
  • 女房検診:乳がんの有無

プレ更年期を健やかに過ごすためにできること。

イメージ画像 カモミール

更年期はもちろん、プレ更年期対策として婦人科に掛かることが手っ取り早いかもしれません。

しかし、現実にはそこまで・・・ということも多々あろうかと思います。41歳のわたしもまだ婦人科にかかり、低用量ピルを処方してもらうほどの必要性は感じていません。サプリメントはもちろん、ウォーキングやスロトレ、リラックス、食生活の見直し(大豆製品の摂取を意識する)などで穏やかに、普通に過ごせています。

個人的にプレ更年期に必要だ、と感じているのは食事と運動、そして、心の安寧ですね。生活を整えて静かに心穏やかに過ごす、と。それでも改善されない時、むしろ、そんな生活は無理だ!という忙しい時に婦人科の力、医者の力、薬の力に頼ることもアリかな、と思っています。

ひょっとしたら掛からずに済ませられる可能性もありますし!

プレ更年期や更年期、閉経期は避けたくても避けられないもの。その症状もかなり個人差があるもの。これから自分にどのような変化が起こるのか分かりませんが、ただむやみに恐れるのではなく、対処できることは自分で対処できるようにしっかりと勉強をして備えていきたいですね。そして、必要な時は婦人科にもかかる、と。

知識を得て、心を整えていくことが結果として、40代を健やかに過ごす秘訣なのじゃなかろうか、と。

関連記事。

更年期真っただ中を丁寧に描いた漫画として以下があります。こちらもしみじみとされました。

AMCのエクオール+ラクトビオン酸サプリメント摂取をはじめました。

2017年4月、プレ更年期の心の揺れに耐えがたくなり、エクオールの摂取をはじめました。今後はエクオール摂取による体の揺れと変化を書いていきます。