junko kusano「マルチオイル(セサミオイル)」使用レビュー、これ、運命のオイルかも。

junko kusano セサミオイル

オイル美容大好き。

ということでいろいろとオイルをお試ししております。長らくわたしの中でメインのオイルは馬油かアルガンオイルでしたが、昨年、その座を引きずり降ろしたのがセサミオイル。

参考 「CTC-LANKA」オーガニック セサミオイルトライアルセット、太白ごま油美容に夢中。

オイルを特徴づける脂肪酸の割合から考えるとセサミオイルがわたしのお肌にあうだろう、と思っていましたが、想像以上に良かった!わたしのお肌にあった!「アディオス!馬油もアルガンオイルもアディオス!」とばかりに。

参考 あなたのお肌にあう運命のオイルを見つける方法、脂肪酸の割合で考える。

ということで以来、しぶとくセサミオイルを使っております。

わたしを感動させた CTC-LANKAのセサミオイル に何の不満もなかったのですが、ふとした浮気心で junko kusanoの「マルチオイル」 を使ってみました。「マルチオイル」という商品名ですが、中身は100%セサミオイルです。

これがまた素晴らしく良かった!

というわけで junko kusanoの「マルチオイル」 を紹介させていていただきます。

スポンサーリンク

junko kusanoの「マルチオイル」。

あいにく存じ上げていないのですが、商品の冠である「junko kusano」とはネイルアーティストの草野順子さんをさしています。

草野順子アートスタジオ

草野順子さんの敏感肌が納得するために開発されたのがこのマルチオイルかしらん?と考えております。

成分は100%ごま油、国産。防腐剤無添加、無香料で仕上げられた全身に使えるオイル、そうマルチオイル。

junko kusanoのマルチオイルは角質層まで浸透し潤い、ハリ、ツヤのある柔らかなお肌に導きます。

使用方法としては適量を手のひらにとり軽くマッサージするように 顔、体、手足、頭皮など清潔なお肌になじませて下さい。

junko kusano セサミオイル

内容量 100ml
使用期限 未開封3年、開封後1年
価格 3,800円(税抜)

Amazonでjunko kusanoの「マルチオイル」購入。

junko kusanoの「マルチオイル」

わたしは送料無料のAmazonで入手をしました。

今回、調べて感じたことは junko kusano のマルチオイルは販路を厳しく厳選しているイメージ。オイルは熱や光の刺激による酸化が怖いですので、品質管理をしっかりとしているなぁ、と感じると嬉しくなりますね~

junko kusano セサミオイル328_064841

箱も色の濃いものを使い、遮光に気を使っているのを感じます。

さて、マルチオイルは注文の翌日に到着したのですが、店舗からの注文受付や発送連絡とか一切なくて驚きました(^^;

ピンポーンと宅配便がきて、それとともにいきなりマルチオイルが到着したみたいな。驚きました。これは是非とも改善してほしいものですね。汗

40代敏感肌による junko kusano 「マルチオイル」レビュー。

junko kusano セサミオイル

女優やモデルから噂の広がったロングセラーアイテム。

junko kusano セサミオイル

口は1滴ずつ、オイルが出るように配慮されています。

セサミオイルの効能。

セサミオイル(太白ごま油)はゴマ特有のセサミンやセサモリン、セサモール、他にβカロテンやビタミンEという成分が含まれています。

これらは細胞の酸化を抑える抗酸化作用を持つため、太白ごま油をスキンケアに用いると肌の老化を抑えるとも。更にセサミンやセサモリン、セサモールなどの成分は紫外線を吸収する働きも持つため、日焼け止めとしても利用できます。

また、保湿をもたらすオレイン酸と水分保持能力を高めるリノール酸が豊富に含まれており、お肌をやわらかくすることも期待できます。

アーユルヴェーダの世界では体内の毒や脂肪、不安、疲労などの排出を促すとされていますね。

美容液、ブースター、ヘアオイルとしては非常に優秀なオイル。

junko kusano セサミオイル

無色透明のオイル。

ワクワクしながら使いました。

わたしはオイルが大好きなので新しいオイルを開封する時って最高に胸がときめきます。無色透明、匂いのないオイル。化粧水を伸ばした後、手のひらに伸ばし、顔に乗せた瞬間、 CTC-LANKAのセサミオイル との違いを感じました。

粘度としては割ともったりとしたオイルになります。たとえでもうしますと、ホホバオイルのような「蓋」的な機能を持ったオイルに近い感じ。印象としては重たいオイルだな、と。そう、CTC-LANKAのセサミオイルに比べるともったりとした、重たい感触のオイル。

あまり重たいオイルは得意ではないのだけれど・・・と危惧しながら、お肌にのせるとまた別の感想が浮かび上がってきました。

素晴らしい浸透力と保護作用を持ったオイルだ、と。ある種のオイルにありがちなベタベタ感などは皆無でお肌にスーッと浸透し、たちまちのうちにお肌をふっくらと持ち上げてくれるような。お肌を潤わせることにより、ぱっくりと開いた毛穴をたちまちのうちに閉じてくれるような感動があります。

そのまま5分ほど時間をおき、ティッシュで抑えてみますとティッシュにオイルがつきません。わたしはスキンケア後に化粧下地なしで 24hコスメのパウダリーファンデーション をのせるのですが、実に綺麗にパウダリーファンデーションが乗ります。

また、マルチオイルはブースターオイルとしても非常に優秀ですね。

洗顔後、お肌に水滴が残っている状態でマルチオイルを伸ばしますとスーッとお肌に馴染み、後から重ねる化粧水と乳液の浸透を助けてくれるように感じます。

クレンジング、マッサージオイルとして使うにはやや重たい印象。

junko kusano セサミオイル

マルチオイルをオイルクレンジングやアーユルヴェーダ式セルフマッサージとして使ってみました。

具体的な使用方法は以下になります。

オイルクレンジング 乾いた肌にセサミオイルを適量、顔に乗せ、優しく伸ばす。汚れが浮き上がってきたらホットタオルで軽く拭い、洗顔。
アーユルヴェーダ式セルフマッサージ 太白ごま油を使って『黄金のアーユルヴェーダ・セルフマッサージ』、40代にして自分の体を知る。

結果、やや使いにくいな、と感じました。

オイルクレンジングやアーユルヴェーダ式セルフマッサージとしてマルチオイルを使った場合、スキンケア時に感動した、お肌をガードしてくれる蓋のような重たさ、浸透力の高さがネックになりました。

そう、マルチオイルにはスーッとお肌の上を滑る滑らかさが欠けているような気がします。

マルチオイルを使っても、どうしても指がお肌の上で引っかかってしまう、もしくは指を滑らせる前にお肌に浸透してしまうような気が。なのでボディオイルとして使う場合は他のクリームに混ぜるか、体に水滴が残っている状態で伸ばすほうがいいかもしれません。

個人的にはクレンジングやマッサージ時に欲しい滑らかさを求めるなら、CTC-LANKAのセサミオイルをチョイスしますね。

しかし、顔への美容液・ブースターとして考えた場合、マルチオイルは非常に優秀です。ちょっと運命のオイル的な感動もありますので、間違いなくリピートします。用途によってセサミオイルを使い分けるのもありかもしれません。

junko kusano のオイルシリーズ。

junko kusano セサミオイル

「 junko kusano 」としてオイルを3種類展開されています。

junko kusano マルチオイル。

今回、紹介したオイル。

junko kusano マルチオイルwithローズ。

本日紹介しましたマルチオイルにオーガニック認定を受けた精油がプラスされています。

使われている精油は「ダマスクバラ花油、ニオイテンジクアオイ油(ゼラニウム)、ラベンダー油」。精油の種類から考えますと女性ホルモンに作用するのでしょう。機会があれば是非とも使いたいものですね。

junko kusano グレープシードオイル。

グレープシードオイルは夏向け、もしくは脂性肌の方向けのオイルになります。

非常に軽い感触のオイルになり、クレンジングオイルとして使うことができます。もし、わたしが使うなら真夏のオイルとしてですね。

さて、あなたのお気に入りのオイルはどれでしょうか?