2017/05/17

『血流がすべて解決する』あなたの何となくの不調、「血」が足りないんじゃない?

イメージ画像_額に手を当てる女性

この秋から フィネスの豊潤サジー を飲みはじめて、「わたしって鉄分が足りていなかったのか」と実感を。(鉄は血中のヘモグロビンを構成する要素の一つ、これが不足すると貧血に)

何しろ、豊潤サジーを飲み始めると、体質だと思っていた「立ちくらみ」(貧血だと認識していなかった!)が解消されたことが大きかったです。また、わたしの体に足りていないサプリメントはなんだろう?とチェック(←チェックできます) した時もわたしの体には鉄が足りていないことを感じました。

血と鉄、その二つについて調べていく中、「血流」なるものが気になってきました。

そして『 血流がすべて解決する 』を読み、いろいろな意味でストーンときました。そう、ストーンと。40代女の不調は現在、この本に書かれているプログラムを粛々と実践しております。

スポンサーリンク

堀江昭佳著『血流がすべて解決する』。

血流がすべて解決する

『 血流がすべて解決する 』は「血流を増やして、心と体のすべての悩みを解決する方法」について書かれています。

血流は、全身にある60兆個の細胞に酸素や栄養を届けるという大切な役割を担っています。さらに、「幸せホルモン」や「やる気ホルモン」と呼ばれる脳内の神経伝達物質の働きも、血流によって左右されています。

この人間の心と体を支えている大切な血流が悪くなってしまうと、心身ともに不調が出てきてしまうことも。毎月の月経で血を失い、また、筋肉の少ない女性はそもそも血が不足しており、さらに血流が足りていない人が多く。そのため、何をしても改善しない慢性的な不調を抱えることに!

この本ではまず、血をつくれるようにし、血を増やし、その結果、血流をよくし、女性が抱えるなんとなくの不調を直していこうというものになります。方法としては・・・食べ方や睡眠のとり方を見直し、生活習慣を改善していく、という至って簡単。その方法を紹介していこうと思います。

尚、著書によりますと、堀江昭佳さんの肩書は漢方薬剤師、不妊カウンセラー、一般社団法人日本漢方薬膳協会代表理事となっています。著者のブログは こちら 。何となくおじいさんが書いている!と思っていましたが、同世代の男性でした。汗

9割の女性は血が足りない。

生理のある世代の女性や更年期世代は女性は血が足りない状態になっています。著者の治療現場での体感でいうと・・・

実に9割以上の方が血が足りていないのです。

漢方医学の現場では「女性の体は血が基本(女子以血為本)」という考えがあるほど、女性にとって血と血流が重要だそう。しかし、現実は9割以上の女性に血が足りないために何らかの不調が出ている、と。

それをはっきりと認識したうえで血を増やし、血流を流す方法を身に付けていきましょう。

血が足りない、血流が悪くなると何が起こるのか?

イメージ画像

わたしは貧血に悩んだことがないと思っていました。ある日、いきなりバタンキューと倒れたことが一度も無く、貧血体質ではないのだわーと捉えていました。

しかし、鉄分が豊富な フィネスの豊潤サジー を飲んで「違い」を体感しました。疲れの軽減、お肌のツルツル感も多少ありますが、それ以上に立ちくらみがなくなりました。

わたしはパソコンを使って作業をすることが多く、日中のほとんどをパソコンに向かっています。作業の合間、体を動かすとクラクラすることがよくありました。わたしはそれを「あ、同じ姿勢をとっていたからな~体を動かさないと!」と捉えていましたが、これも立派な貧血の一種。そして、そのクラクラとする立ちくらみが豊潤サジーの摂取と共になくなりました。鉄分が不足、血が不足していたのが少しだけ解消されたのでしょうか。

ビタミンCだ!ヒアルロン酸だ!プラセンタだ!アスタキサンチンだ!と騒いでいる割に鉄は意識したことがなかっただけに少し驚いたもの。しかし、確実に言えるのは豊潤サジーを摂取し、鉄を補給したことにより、わたしの体と心を少しずつ浮上していることを体感しています。

さて、血が不足し、血流が悪くなると体の動きはどのようになるのでしょうか?

水分のバランスが悪くなるため、むくむ。

酵素が届かずカロリーを燃やせないために、太る。

老廃物が回収されずにたまるので、だるい。

熱が足りないために、冷える。

免疫力が下がるので、病気がち。

最初は単なるむくみや冷え、肩こりといった症状からはじまり、これらの不調は連鎖反応を呼び、着実に重症化させていきます。生理不順、生理痛、不妊、更年期障害などはもちろん、ホルモンや自律神経のトラブル、果てはがんといった大きな病気へ。悪循環にはまり、抜け出せなくなっているのです。

思い当たる女性も多いのではないでしょうか。わたしは思い当たりまくります・・・

体質をチェックしましょう。

体質チェックシート

『血流がすべて解決する』より引用

2つ以上当てはまる場合はその大使っつの傾向があり、4つ以上当てはまる場合はその体質にあてはまります。管理人はすべて4つ以上あてはまります・・・汗

血が作れない「気虚体質」。

血が不足し、血流が悪化するそもそもの原因を引き起こしているのが、血が作れないということです。この血が作れない人を血虚と言います。

このタイプの人はとにかく胃腸が弱く、栄養を十分に吸収できなくなってしまいます。結果として血液の原料そのものが体に入ってこなくなります。人間は口にしたもので体を作りますが、その原料を吸収できないがゆえに血を作れなくなってしまいます。

更に血だけではなくエネルギーも作れず、疲れやすくだるくなってしまいます。何をするにしてもやる気が出てきません。

女性の大多数がこの気虚にあてはまるそう。

血が足りない「血虚体質」。

血が不足している状態を「血虚」と言います。

気虚体質が改善されると血が増えてきますが、女性の場合、それだけでは足りない場合も。毎月の生理で血を失い、出産でも血を失い、授乳でも血を失っていきます。

血を増やすための食材を積極的に意識して摂取することが必要になってきます。

また、この体質が当てはまる人は生理痛、子宮内膜症、不妊症などの婦人科系のトラブルが多くなり、老化が早くなってしまいます!血は血液だけではなく、栄養素も含んでいますが、その血が不足=全身の栄養不足に繋がり、血色が悪くなり、お肌がカサカサ乾燥肌になり、シミシワが目立つように・・・。

血とは女子力そのものなのです。

血が流れない「気滞 瘀血体質」。

全身の血の巡りが悪くなっている状態を「気滞 瘀血」と言います。

普通、気虚体質を改善させ、血が作られ、増えてきますと血流はよくなるはずです。しかし、血を増やすだけでは血流が良くならない場合があり、その原因としてストレスの影響があげられます。ストレスが加わると、自律試験が乱れ、ストレスホルモンが分泌され、全身の血管が縮こまってしまいます。

また、一般的に低血圧の人が多くなります。朝起きられない、体がだるいというとこだけではなく、肩こり、頭痛、めまい、耳鳴りなども引き起こします。

血の巡りを改善することでこれらの不調はもちろん、ストレスに対する抵抗力もついてきます。

4ヶ月で血流を改善する方法。

「気虚(つくる) → 血虚(増やす) → 気滞 瘀血(流す)」と順に改善させていく方法が紹介されています。その体質改善に要する期間は4ヶ月。

赤血球の寿命が4ヶ月であること、そして、女性のリズムを作る卵子の準備期間もまた4ヶ月であることが理由とされています。4ヶ月を一区切りとして体質を改善していきましょう、と。

  • つくる → 食事を改善 1週目
  • 増やす → 睡眠を改善 2週目
  • 流す →  3週目~

まずは食事を見直して、血を作れるようにし、それを増やし、流していく、という形になります。

また、以下は抜粋をして記載をしており、本にはより詳細にいろいろなことが書かれています。より詳細なことが知りたい場合は是非、本を購入してください。

食事で血をつくる。

ルールは10個。

  • 満腹より空腹がいい。
  • やっぱり朝ご飯は食べなさい。
  • 1週間夕食断食で胃腸がよみがえる。
  • 夕食断食をすると、内側から若返る。
  • パン食よりもご飯食がいい。
  • ほうれん草では鉄分を補えない。
  • 血流不足にマクロビはおすすめしない。
  • 血を増やしたければ肉食女子になりなさい。
  • 下腹ぽっこりは血流の大敵。
  • 命への感謝が血を作る。

「空腹感」と「空腹」は似て非なるもの。

あなたの胃腸はは本当に空っぽになっていますか?本当に空っぽになっていることを空腹と言います。この空腹の時間を胃腸を必要としています。空腹時間にこそ、胃や腸は食べ物の残りかすや粘膜の掃除を行い、胃腸を綺麗にしてくれます。この空腹時間は食後90分後に訪れます。朝ごはん、10時のおやつ、昼食、3時のおやつ、夕食、さぁ、食後のデザートも・・・では胃腸の休む時間はありません。

というわけで、まずは夜だけ断食をオススメされています。方法としましては・・・

  • 朝・昼ごはん普通に食べる。
  • 夕食の代わりに酵素ジュースや固形物のないスープはOK。
  • 仕事の合間に飲むコーヒーや紅茶もOK。

現在、わたしもやっており、本日が1週間目になります。確かにいい感じです。体感的によく眠れるようになりました。また、現在、PMS時期なのですが、非常に体が軽快な感じがします。

また、肉食やドローイン(呼吸法によってお腹をひっこめること。内臓の位置を元に戻す)に関してのくだりも参考になりました。

私事ですが、肉が苦手なわたしはほとんど肉を食べない形で大人になりました。その結果が現在の何となくの不調に結びついているのでしょう。

特に鶏肉をオススメされていますので、何とか努力して食べられる料理を模索したいものです。

必要なのは「タンパク質」と「鉄」ですね。これをいかいして増やしていくか考える料理にしたいものです。

手軽に鉄分補給 【送料無料】1000円トライアルのお申し込みはこちら≫

睡眠で血を増やす。

ルールは簡単。

  • 23時まで眠る。

更に上質な睡眠を得るために管理人が実践していることとして 夜中に何度も目が覚める40代女、睡眠の質を改善するためにやった10のこと。 も参照くださいませ。また、現在、夜の食事を抜いているのですが、結果、睡眠の質がグッと上がったような気がします。

やはり今まで食べ過ぎて満腹=胃腸を働かせすぎて睡眠に集中できなかったのかしら?と反省中。小腹が空いているぐらいの状態で眠る方がいいようですので、夕食断食をこのまま継続するのか、夕食を軽くすることにするか、今、ちょっと迷っています。

血流をよくするための4つの方法。

女性の血流を左右するのは静脈です。

特に浮腫みや下半身の冷えといった悩みがある場合は静脈の血流を整えることは不可欠です。血を作り、増やしたら、次は血流をよくし、体中の静脈に血を巡らせましょう。

  • 第二の心臓、ふくらはぎを鍛える
  • かんたん丹田呼吸法でむくみを改善する
  • 足を温めて「冷却システム化」を防ぐ
  • 三陰交、血海を押せば血流の泉がわく

まずは歩きましょう。歩くことでふくらはぎが鍛えられます。もしくはもも上げウォークやかかと上げ下げ運動もオススメされています。ここではかかと上げ下げ運動の紹介を。

【かかと上げ下げ運動】

  1. つま先立ちになる。
  2. 背筋を伸ばしたまま、ゆっくりとかかとを上下する(5秒ぐらい)。
  3. 1セット30回、朝晩2回くらいを目安に行う。

管理人は歯を磨きながらよくやっています(‘ω’)ノ 結構、疲れます。でも、今までは血が不足していたから効果がなかったのだろうけれど、血を作り、血を増やしたら何か変化があるのかな、とワクワクしています。

そして、ドローインもそうですが、呼吸を意識し、足首を温め、足の指先のストレッチを意識する。また、三陰交(足のすねの内側にあるツボ。くるぶしの最も高いところから指の幅4本上に行ったところ)や血海(膝を曲げてお皿の上、内側の角から指の幅3本上がったところ)などのツボを刺激する時は集中して静かに行い、足の静脈の血液が上へ上へ流れてめぐりが良くなり、子宮や体全体に温かさが広がっていくことをイメージしましょう。

これらの血をつくり、血を増やし、血を流すことで、女性が抱える何となくの不調を改善していくことができるようになります。

また、本には個別の症例と血流に関する見解も収められており、そちらもなかなか興味深かったです。そうか、生理痛というのは痛くないものなのか!などと。

この疲れ、年齢によるものだと思っていたけれど。

黄酸汁「豊潤サジー(サジージュース) 」

黄酸汁「豊潤サジー(サジージュース) 」

30半ばを超えた頃からいろいろと「不調」がでてきました。

まずは胃腸の不調、そして、額に広がったアダルトニキビ、疲れ、体力のなさ、気力のなさ、やる気のなさ・・・病院を巡る日が続きました。検査を受けまくりました。漢方医にもかかりました。整体にも通いました。色々と模索する中、遅延型フードアレルギー に巡り合い、まず、胃腸を改善させました。

これで結構、元気になりました。とにもかくにもジョギングにチャレンジするきっかけになったことは間違いありません。

が、それでもあと一歩、何かが足りない。

そう、疲れが抜けきらない。子どものいないわたしは在宅ワークで気軽にやっているつもりなのに、なんだろう?この疲れは?万年お友達状態の疲れはなんだろう?友達との約束やちょっとした外出でも億劫に思ってしまう疲れは?と。

今度はその疲れに対し、抗酸化の高いサプリメントで立ち向かうことに。

マカ、アスタキサンチン、ビタミンC、プラセンタ、スピルリナ、ウコン・・・それらのサプリメントは確かにわたしの身体を元気にしてくれます。ええ、本当に素晴らしく元気にしてくれます。若い頃はここまでサプリメントの威力を体感できなかったけれど、40を超えた今はすっきりと体感できます。

でも、それらのサプリメントを少しでもお休みすると、ぐったりとしてしまうわたし。

ああ、これが年齢によるもの?更年期症状?これって仕方がないのかなー?と思っていた頃に フィネスの豊潤サジー を飲む機会を得ました。「ああ、サジーも抗酸化系だから疲れにもいいわよね」と思い。手にしたわたしの目に飛び込んだのは「鉄」という文字。

手軽に鉄分補給 【送料無料】1000円トライアルのお申し込みはこちら≫

そして、確かに抗酸化力の高い豊潤サジーはわたしの身体を助けてくれました。長年お馴染みのものとなっていた立ちくらみを解消させ、何となくの不調に少しずつ寄り添ってくれました。すると、俄然、「鉄」に興味がわきました。今まで大して注目をしていなかった「鉄」とは何か?と。

鉄と言えば、血。血と言えば、鉄。

単純なわたしはそう考えました。それが今回の本に結びついた感じ。はい、単純。そして、わたしの身体は血を作れていない、増やせていない、流せていないことに気付き、愕然としたもの。

というわけで現在、夕食断食をしております。7日目。夕食断食は新しい世界をわたしに開いてくれました。このあたりに関してはまたいずれ記載をしたいと思います。

4か月後が愉しみです!