2017/05/20

脱シュガー宣言から25日目、一週間、甘いものを一切断つぞ!

想像をしていたよりも順調な脱シュガー・砂糖断ちです。

まったく苦しくない、という感じです。買い物とか行っても余裕でお菓子売り場をスルーしています。むしろ、お菓子を買おうか、買うまいか、という悩みが減り、せいせいしております。

おりしも、昨日、WHOが砂糖の摂取量に警告を出したことにより、わたしの決断は間違っていなかった!と確信を強めました。

WHOが砂糖摂取量で新指針案 炭酸飲料1缶でアウト!

やはり、さようなら!白砂糖よ!だね、と実感しました。

さて、本日から1週間、完全なる脱シュガーというか甘み断ちに入っております。

スポンサーリンク

1週間、甘いものを完全に絶ちましょう。

sugar-485050_1280

麻痺した甘味感覚をリセットするために砂糖と共に甘いものを完全に絶ちましょう。

食品を購入する時は必ず原材料チェック。砂糖、もしくはそれに類似する甘味料が含まれている食品もアウト。もちろん、人工甘味料も低糖質の甘味料もアウト。フルーツも避けましょう。外食も避けましょう。

1週間だけ!

ということでしばらくやってみます。

挫折をしたら、少しだけ天然の甘いものを食べて、またチャレンジをしましょう、というニュアンス。

こうやって砂糖という麻薬を断つ!脱シュガープログラム。

主人に一週間完全なる砂糖断ちを宣言しておきました笑

が、専業主婦のわたしは多分、さしたる苦もなく実践できると思います。わたしが食べるものはわたしが用意をしているので。

この当たりの理屈で考えるとなかなか完全な脱シュガーが難しい人もいるかもしれませんね・・・

砂糖断ち1週間の乗り越え方。

  • 頭の中から「甘い」という文字を消す。
  • 「甘いものは嫌い」と自分に言い聞かせる。
  • 「砂糖断ちをしている」と周囲に言う。
  • 家にお菓子をおかない。
  • スイーツやお菓子売り場に行かない。
  • 外食をしない。
  • 友達と一緒に砂糖断ちをする。
  • イベントやゲーム感覚で楽しむ。
  • 「今だけ」と期間限定で乗り切る。
  • 1週間後に自分にご褒美をあげる。

『脱シュガー宣言!』から抜粋。

一週間後のご褒美。

砂糖断ちを実践出来たら1週間後にご褒美を自分にあげるといいよ、と書かれています。

以前のわたしなら、ちょっとお高いケーキなんかを指定していたかもしれません。でも、今のわたしは違います。1週間後のご褒美は何にしようかちょっと迷っていますが、パソコン関係のものにしようかな~とぼんやりと思っております。

わたしはパソコンが好きなので♡

ちなみに今のわたしはワクワクしています!

1週間後のわたしはどうなるんだろうか?と。

実際のところはさして変化がないと思いますが、完全なる砂糖断ちなんてわたしの人生で初めてかも!と思うとそれだけでワクワク。

あ、赤ちゃんの頃はのぞいてね。笑