2017/05/21

日本人女性の2人に1人!あなたは食べる女性ホルモン「エクオール」を生産できている?

このGWに二つのテレビ番組をチェックしました。

いずれも「エクオール」を取り扱っており、以前から気になっていたわたしは興味深く拝見。

結果、エクオール検査「ソイチェック」を入手しましたことよ。

色々な意味でわたしはかなり怪しいと思いますね・・・遠い目。

スポンサーリンク

エクオールとは何か。

美に敏感な方たちはご存知だと思いますが、女性の美や健康にとって素晴らしい沢山の効果を持つ大豆イソフラボン。が、この大豆イソフラボンをいくら摂取しても効果を得られる人と得られない人に分かれることはご存知でしょうか?

これは、近年話題の「エクオール」という成分によるもの。しかも、この「エクオール」、日本人の2人に1人しか持っていないことも判明。若い女性になると実に20~30%しか作れないそう!

大豆イソフラボンに含まれる「ダイゼイン」という成分が、ある種の腸内細菌によって代謝されると「エクオール」に変化します。けれど、腸内環境が悪いと作ることができないとわかりました。つまり、エクオール産生作用のある腸内細菌は、全ての人間の腸に生息してはいないということです。

アラフォー世代になると気になりだす更年期症状や骨粗鬆症などにも、「エクオール」の存在は大きく関わっていています。

また、美肌・美髪などのアンチエイジング効果を持つエストロゲンの代わりをしてくれる大豆パワー、これを働かせてくれるのも「エクオール」。

あなたの体はこの「エクオール」をきちんとつくれているでしょうか?

住んでいる地域・世代によって異なる。

興味深いことに生まれ育った地域や世代によってかなり異なる様子。

関西人のエクオール産生者の割合は約33%と、50%近い関東、40%前後の中部や九州に比べても低い結果が出ています。世代間でみると20代は「エクオール」を作れる人が約20~30%程度しかいないという報告もあります。

納豆嫌いの多い関西人や、若年層においては食生活の欧米化で大豆製品を摂取しなくなっていることが原因であると推測されています。

ちなみに世界各国のエクオール産生者の割合をみると、大豆を食べる日本・中国・台湾が50%なのに対し、大豆食の習慣がない欧米系は30%前後と低い結果となっています。

納豆嫌いの関西人であるわたし。

最近、ようやく健康のために食べるようになりましたが、決して好んでは食べていません。味噌汁はほぼ毎日飲んでいますが、豆腐は週に1度ぐらいというレベル。豆乳も毎日飲んでいるわけではないですしねー汗

一応、和食がベースですが、甚だ怪しいです・・・ドキドキ。

 参考  食べる女性ホルモン「エクオール」腸内環境を改善してスーパーイソフラボンを作れるカラダに

あなたの体はエクオールを作れている?「ソイチェック」。

エクオール_2

現在、体内でエクオールを作れているかどうかを手っ取り早くチェックする方法があります。

今回、わたしが入手したのはヘルスケアシステムズさんのエクオール検査「ソイチェック」。「ソイチェック」とはエクオールがつくれているかどうかを 尿で簡単に調べることができる郵送検査キットです。

尿を採取&簡単なアンケートに回答して、同封されている封書にそれらを入れてヘルスケアシステムズさんに送り返します。1~2週間後、検査結果を郵送でお知らしてくれる、という流れに。※尚、生理期間中は採取不可。

検査結果が返送されたらどうしたらいいの?。

  • エクオールを作れている人 → 腸内細菌が活動しているあなたは大豆イソフラボンを効果的に摂り込めます。エクオールを減らさないよう、毎日大豆や大豆食品を食べましょう。
  • エクオールを作れていない人 → 腸内細菌があまりいない、またはあまり活動していない人はまずはエクオールを作れる腸内環境作り、食生活の見直しからはじめましょう。

いずれも基本としては①腸内環境を整える、②大豆製品を毎日摂取することが必要、ということですね。このあたりは検査結果がでたら、もう少し詳しく調べて記載をしたいと思います。

生産したエクオールが体に留まるのは1日だけ!

毎日、毎日、大豆製品の摂取を意識することが大切だそう。

明日にでも採取して送りたいと思います!

また、結果が返送されたら記載しますねー。