2017/05/20

冷えとりとatelier brugge(アトリエブルージュ)のパンプスを両立できる?

atelier-bruggeパンプス×冷えとり

この秋に履きこなしたい靴にatelier brugge(アトリエブルージュ)のパンプスがあります。

購入したのは2010~2011年頃ですね。ちょうど冷えとり実践中ということもあり、購入したもののなかなか履きこなせていない感じでした。

何しろ、基本的に5本指ソックスはもちろん、4枚~5枚ぐらい靴下を履くのが日常でしたのでパンプスを履くということを生活に取り組めないでいました。また、専業主婦生活も長いことも一因かもしれませんが・・・

とにもかくもこのパンプスを引っ張りだすときは非常に限られていました。

が、今年の秋はなんとか履きこなしたいもの。

スポンサーリンク

冷えとり × パンプス。

atelier-brugge 走れるパンプス

わたしも含めて冷えとりライフに入った方は恐らく、パンプスとおさらばされているかと思います。

どう考えても靴下重ね履き × パンプスは不可能に近いものがあります・・・何度かやってみましたが、冷えとりの靴下がゆったりということもあり、滑るんですよね、どうしても(T_T)

が、思い返せば独身時代はパンプスが毎日の生活でした。それから一転して冷えとり × ペタンコ靴に移行した時はペタンコ靴の楽ちんさに感動を覚えたもの。なんて気持ちいいのだろう!と。靴下の重ね履きによる足の爪先のぬくもり、そして、ヒールのない楽ちんさ。

その楽ちんさ、開放感はパンプスでは味わえないもの。

そして、パンプスの靴と少しずつさようならしていきました。

でも、結局のところ、わたしの嗜好はパンプスにあり、ウズウズした結果もう一度購入したのがatelier brugge(アトリエブルージュ)のパンプス。

トラディショナル好きなわたしの好みのシンプルなスタイル、そして何よりも履きやすくストレスフリー。色は大好き & 得意なキャメル。一目惚れの果ての購入でした。

そう、一目惚れの果ての。

でもなかなか履きこなせない。

何故、履かないのか?

履かない & 履きこなせない理由を考えてみました。

  • ヒール
  • 冷えとりの靴下が入らない
  • ライフスタイル

身も蓋もない理由です。

ヒールは分かっていたはず。むしろ、その7センチヒールにフォーリンラブして購入したはず。結局のところ、田舎の専業主婦ライフには向かないのよね、という当たり前の結論に。

また、どう考えてもわたしは靴下 × パンプスは出来ないんです(T_T)

google

・・・と思っていましたが、ロングパンツ × 靴下 × パンプスならアリかな。冷えとりも昔ほど厳密ではなく、内絹外綿の靴下 + フレンチブルの靴下だもね。

それぐらいなら自分でも抵抗なく出来そうな気がします。

今年の秋は履きこなしたいもの。

atelier brugge(アトリエブルージュ)のパンプス

これならいけるかも!?靴下が毛羽立っているのは見逃してくださいませ^^;

そう、今年の秋は履きこなしたいものです。

いくら履きやすい & 歩きやすいとはいえ、7センチヒールですので、歳を重ねるごとにますます履かなくなる可能性が予測されます。

なら1日でも早いうちに履いて、履いて、履いて、履きつぶしたいもの!

わたしを魅了したそのライン、その色づかい、その履きやすは今なお色あせていません。その魅力が色あせない間にガッチリと使います!

ちなみにわたしの足のサイズは22.5センチ~23センチ。

atelier brugge(アトリエブルージュ)のパンプスは23センチを所有しています。パンストで履くとスカスカに。靴下2枚重ねや厚手のタイツの上からでも余裕で履くことができます(^^ゞatelier brugge(アトリエブルージュ)は個人的にはやや大きい作りなのかな、と思っています。

参考までに。

また、4足での冷えとりに7センチヒールはやはり無理があるかと思います。

サイズさえ考えれば入りますが、どうしても靴下が滑ります・・・冷えとり靴下はどうしてもゆったりとした作りなのでそれは仕方がありませんね。わたしは使っておりませんが、パンストの時は シルク靴下 パンスト用 つま先五本指ソックス のような商品を使うといいのかな、と思います。