2016/08/08

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード、レモン×生姜×はちみつで真夏のクーラー冷えを撃退!

【ヴェーダヴィ】ジンジャーレモネードミニ

百貨店でちょくちょく見かける、ヴェーダヴィのジンジャーレモネードを頂きました。

早速、炭酸水で割ってみますと思いがけない美味しさ!

真夏の暑さを忘れさせてくれるような不思議な清涼感がありました。ジンジャーとレモンの威力を痛感したもの。改めて調べてみますといろいろと女性には嬉しい作用がある様子。

本日はヴェーダヴィのジンジャーレモネードを紹介させていただきます(^^)/

参考 【ヴェーダヴィオンラインショップ】

スポンサーリンク

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード。

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード

原材料は以下になります。

砂糖、水雨、はちみつ、しょうが、濃縮レモン果汁、コーンスターチ

着色料・香料・化学調味料無添加によるシンプルさ。まさしくレモネード。手作りのレモネードですね。コーンスターチが何故入っているのか考えてしまいましたが、とろみづけでしょうか?

レモネードの色合いは優しい黄色になります。

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード

着色料などは入っておりませんので、レモンの色合いか、蜂蜜の色合いか。

想像するだけでもまたたのし。

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード 飲み方。

一番、簡単なのは約6~8倍のお湯や水、牛乳、紅茶、炭酸水などで割って飲むことでしょうか。お湯はもちろん、水でもスッと溶けます(^^)/ わたしはしておりませんが、ヨーグルトやバニラアイスに掛けて食べるのも美味しいかと思います。

その他、料理にアレンジしている料理名人の方々も数多くおられます。わたしも鶏もも肉をソテーしてヴェーダヴィのジンジャーレモネードをソースとして活用しようかな、と目論み中。

参考 ヴェーダヴィのジンジャーレモネードを使ったアレンジレシピ

生姜 × レモン × はちみつのもたらす美容パワー。

【ヴェーダヴィ】ジンジャーレモネードミニ

お湯割りをしてみました。

生姜は漢方薬などにも多く使われることのある健康食材の代表的な成分。特に冷え性の方で愛用されている方も多いのではないでしょうか?

特にヴェーダヴィの生姜は国産生姜よりも多くのジンゲロールを含んだインドネシア産を採用。それを加熱することによりショウガオールをひきだしています。

  • ジンゲロール(生の生姜に含まれる) → 殺菌作用などにより風邪のひき始めなどに有効的
  • ショウガオール(加熱や乾燥によりジンゲロールが変質したもの) → 体を深部から温める作用アリ。冷え性改善、ダイエット。

そして、そこにビタミンCやクエン酸の宝庫レモン(1本にレモン果汁を約5.8個分配合)パワーの源である蜂蜜を加えることにより、真夏の暑さやクーラーによる冷えに負けない体を実現することが可能に。

本当に飲むだけでクーラーで冷え切った真夏の体がポカポカになることを実感できます。そして、ヴェーダヴィのジンジャーレモネードはジンジャーがかなり効いており、目が覚める効果もあったり(笑)

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード × さつまいも。

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード

ヴェーダヴィのジンジャーレモネーを使い、ジンジャーレモン煮込みを作りました。

【材料】さつまいも1本、ジンジャーレモネード大匙3杯、水適量

【レシピ】さつまいもは輪切りにする。鍋にひたひたになる水とジンジャーレモネード大さじ3杯を入れる。弱火でじっくりと煮込む。

我が家では、さつまいものハチミツ煮がよく登場します。原材料はさつまいもとはちみつ、水だけ。作り方は上記とほぼ同じ。非常に甘く仕上がり、ほっとするお菓子だったりします。

それに比べるとジンジャーレモネードで煮ますとさわやかな酸味としょうがの辛みが甘みを和らげ、複雑な味にしていますね。お弁当のおかずにもピッタリ!

でも、個人的に何よりも美味しいのは炭酸水で割ることかな~

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード × ひよこ豆と夏野菜のキーマカレー。

【ヴェーダヴィ】ジンジャーレモネードミニ

とある日のランチ。

前夜の残り、カレーと一緒に頂きました。ヴェーダヴィのジンジャーレモネードは炭酸水割。

ヴェーダヴィのジンジャーレモネードによる刺激のあるさっぱりと感がカレーのスパイシーを和らげてくれ、食が進みます!わたしはどうしても真夏に食欲を落としがちですので、ヴェーダヴィのジンジャーレモネードは食欲を促進してくれますので助かります。冷たい炭酸水で割ったのですが、飲み終えると体がポカポカするんですよねーカレーの香辛料なのか、しょうがなのか。

ともあれ、ヴェーダヴィのジンジャーレモネードは何よりも美味しい!

本当に美味しいのです!

砂糖の味がもっと全面に出てくるのかな、甘いのかな、と不安に思っておりましたが、なんのなんの生姜と蜂蜜の味が全面に出てきますね。甘いけれど、甘くないみたいな。そして、生姜のピリリとした辛さがたまりませんね~生姜好きにはたまらない味でしょう(^^)/

また、一日、クーラーのきいた環境にいますと冷え性のわたしの体は本当に強張って、萎縮してしまう感じ。筋肉が緊張するのでしょうね。

そんな時にヴェーダヴィのジンジャーレモネードをお湯割りをして口に含みますと、フッと体の力が抜けて、軽やかになったような気がします。滞っていた血が流れて生き返ったような印象。結果として、猛暑による怠さや倦怠感がやわらげる作用があるように感じております。

わたしは今までいろいろとジンジャーシロップを口にしてきましたが、今回のヴェーダヴィのジンジャーレモネードが一番、強烈。そのため、生姜好きの方にヴェーダヴィのジンジャーレモネードをオススメしますが、生姜が苦手な人にはちょっとオススメできないかも。

仕事から疲れて帰宅した主人も愛用しております(^^)/

ヴェーダヴィのジンジャーレモネード購入方法。

【ヴェーダヴィ】ジンジャーレモネードミニ

可愛いラベル。

百貨店などでヴェーダヴィの店舗を見かけることもあります。試飲もさせてくれるんじゃないかしら。

参考 ヴェーダヴィの店舗一覧

インターネット通信販売も実施されています。今回、紹介しましたジンジャーレモネード以外にもマヌカハニー、ハーブティなどの商品も販売されています。機会があればわたしも贈答用として利用させていただこうと思っております。

参考 美容と健康のコンディショニングショップ【ヴェーダヴィ】

いや、ジンジャーレモネードだけでいい!という方は以下のバナーからどうぞ(^^)/