2017/08/20

エビデンス無き「ビオチン療法」は掌蹠膿疱症、脂漏性皮膚炎、酒さ様皮膚炎に対する効果はあるのか?

イメージ画像サプリメント

先日、漢方薬とビタミン剤の処方のため、皮膚科医を訪問。その際、ふと思いついたのがビオチン療法のこと。

そう言えば、ビオチン療法のことを聞いたことがなかったな、となーんとなく思って、なーんとなく世間話的に話題をふったんですよね。

「掌蹠膿疱症持ちの義母にビオチン療法をすすめてみたけれど効果がなかった」

「わたしも脂漏性皮膚炎が出ていたときに1年ぐらい飲んだけれどイマイチ実感ができなかった。やめてもまったく困らなかった」

云々の話をしたところ、皮膚科医から衝撃の一言が。

「そりゃ、そうだよ。ビオチン療法にエビデンスはない。日本皮膚科学会はその根拠を否定しているんだから」

とのこと。

その時のわたしは衝撃と驚きで頭が真っ白になりました。尚、エビデンスとは以下の意味を指します。

一般には、医学および保健医療の分野では、ある治療法がある病気・怪我・症状に対して、効果があることを示す証拠や検証結果・臨床結果を指す。エビデンスは、医療行為において治療法を選択する際「確率的な情報」として、少しでも多くの患者にとって安全で効果のある治療方法を選ぶ際に指針として利用される。

wikipedia エビデンス

つまり、皮膚科医は「ビオチン療法でお肌がキレイになったよーという検証結果や臨床結果がない」と告げたわけです。

「え、ネット上では特に掌蹠膿疱症の患者に支持されている治療法(?)のような気が・・・ええ!主婦湿疹が治ったとか、お肌がキレイになったとか・・・」

と続けると皮膚科医はあっさりと「ネットだからね」と。

スポンサーリンク

ビオチン療法とは?

イメージ画像サプリメント

女優の奈美悦子さんが掌蹠膿疱症を治したことで一躍有名になったビオチン療法ですが、古くからある薬で、急性・慢性湿疹や脂漏性湿疹、小児湿疹などに使われていました。また、腸内細菌叢改善、便秘解消の意味でニキビの治療とした使用してきましたが、それ以外に酒さ、アトピー性皮膚炎や花粉症の方にも効果があります。

大西皮膚科形成外科医院

これが拡大解釈された結果、現在、美容目的にビオチン療法を実践している方もおられるようですね。

さて、ビオチン療法で必要なのは以下の3点になります。

  • ビオチン(ビタミンH)
  • ビタミンC
  • 整腸剤

これらをワンセットとして1日2回~4回服用することになります。さて、ビオチンとは何か?

ビオチン(ビタミンH)。

サプリメント健康事典 』によりますとビオチンは以下のように記載されています。

  • ビオチンは皮膚炎を治す実験から発見
  • ビオチンが不足すると髪が抜ける、白髪になる
  • アトピー性皮膚炎の原因となる化学物質ヒスタミンの元になるヒスチジンを体外に排泄する
  • 幼児の脂漏性皮膚炎に対して有用性が認められている
  • 欠乏症の心配はない。また、ビオチンは水溶性ビタミンの一種であるため、摂りすぎの心配もない。

とのこと。

幼児と但し書きはありますが、脂漏性皮膚炎に有用性があると書かれていますね~なお、『 サプリメント健康事典 』のビオチンの項目には執筆者として医者の名前がきっちりと書かれていることをお断りします。

義母の掌蹠膿疱症とビオチン療法。

イメージ画像手のひら

ビオチン療法を先に始めたのは義母です。

わたしと主人が結婚した当時から義母は掌蹠膿疱症に酷く悩んでおり、結果、家事ができないことに困っている様子でした。当時はまだよい嫁の仮面をかぶっていた(?)わたしがネットで探し出し、ビオチン療法をすすめました。

掌蹠膿疱症とは?

公益社団法人日本皮膚科学会のサイト によりますと、掌蹠膿疱症は以下のように説明されています。

掌蹠膿疱症はウミが溜まった膿疱と呼ばれる皮疹が手のひら(手掌)や足の裏(足蹠)に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。ときに、足と手のほかにスネや膝にも皮疹が出ることがあります。皮疹は小さな水ぶくれ(水疱)が生じ、次第に膿疱に変化します。その後、かさぶた(痂皮)となり、角層(皮膚の最表層にある薄い層)がはげ落ちます。後にこれらの皮疹が混じった状態になります。出始めに、よくかゆくなります。

赤くなったり、ニキビのような水泡が出来ていました。わたしが見るところ、義母の手のひらは主婦湿疹というレベルを超えており、更に指の関節も痛く、曲げるのが苦痛だった様子。

義母の話によると・・・

  • 家計のために家で使う洗剤などは安くてそこらへんにあるものを適当に購入して使っていた
  • 若い頃から運動部に所属した男の子(主人と義兄)ふたりの汗臭い体操服や洋服を洗うために強い洗剤を使ってゴシゴシとしていたから

とのこと。

その結果、掌蹠膿疱症になったと思うの、と思い詰めたように言い、わたしは「必ずゴム手袋を使うように!強い洗剤を使わないように!」とありがたい訓示を頂戴致しました

結果、わたしはその教えに従い、ゴム手袋を使ってありとあらゆる家事をやっております。

掌蹠膿疱症の義母はビオチン療法を半年やってみた。

ビオチン療法は義母の掌蹠膿疱症になんら変化をもたらしませんでした。

病院の治療と並行してやっていたようですが、変化がなく、当時の皮膚科医に相談などをしたという話がありました。その皮膚科医が何を言ったのかわたしの記憶がもう定かではありませんが、義母は結局、ビオチン療法をやめた様子でした。

当時、ビオチンは高濃度の海外サプリメントを摂取すべし!みたいな説が主流となっており、我が家が義母のためにビオチンサプリメントを購入して渡していました。恐らく、それも自立心のある義母にとっては苦痛だったのかもしれません・・・(^^;

あれから10年経った現在、義母の掌蹠膿疱症は落ち着いています。

完治はしないけれど、掌蹠膿疱症との付き合い方を覚えた、と言う感じですね。日常生活のすべてにおいて手袋を愛用している義母ですが、その手のひらは落ち着いているように感じます。洗濯物を干す時とか、新聞を読む時とか、包丁で料理を切る時とかも手袋なんですって・・・!

手袋で作業をするのはまどろっこしいけれど、保湿をきちんとする、水には出来るだけ触れない、手のひらに刺激を与えない、生活を整える、元気で健康な体を意識する、などで落ち着きを得ているようです。

わたしの脂漏性皮膚炎とビオチン療法。

それから数年後、わたしが脂漏性皮膚炎だと診断されました。

当時、宇津木式肌断食をやっており、その結果、お肌が悲鳴をあげた感じですね。その時に思いだしたのがビオチン療法でした。そう言えば、脂漏性皮膚炎がビオチン療法で改善した、と言う口コミがあったな、と。

脂漏性皮膚炎とは。

脂漏性皮膚炎とは皮脂分泌の多い方に出やすい、皮膚の炎症です。 ただし、ニキビダニによる炎症やアトピー性皮膚炎、酒さと良く似た症状なので、原因を見極めて適切なケアをしていくことが大切です。

顔、頭皮、身体と人によって発症する部位や症状は様々です。
症状は、皮脂が出やすい顔の鼻や額間のTゾーンや頬、生え際、頭や口の周り、耳の裏(うしろ)、襟足などにカユミを伴う炎症がでて皮膚が赤くなります。頭皮の場合は赤み、炎症、カユミの他、皮膚が厚く硬くかさぶたとなったり、大量のフケがでることもあります。

ル・スピノワ化粧品公式サイト

わたしの場合は頬と鼻の横に炎症が出ました。

頭皮に関してはPMS時期のフケとなって現れましたが、こちらは一過性のものでさほど症状が酷くなく、特に悩まず。

何よりも顔ですよね~当時は脂漏性皮膚炎対策にいろいろスキンケアを試しました。その結果、今も残っているスキンケアは2種類の水。

結論、脂漏性皮膚炎が酷く、敏感なお肌の時にはあれこれ塗るよりもシンプルに「水」が一番です。何度も何度も振りかけましょう。可能な限り振りかけましょう。思いつけば、水!ぐらいな勢いで振りかけましょう。

また、脂漏性皮膚炎発症当時は上記のル・スピノワ化粧品に本当に助けられました!

ル・スピノワ化粧品は楽天市場に500円のお試しセットがありますので、気になる方は使ってみてください。脂漏性皮膚炎の再発、もしくはお肌が荒れたら、わたしもまた戻るかもしれません(^^;

【お試しサンプルセット】 初回限 【送料無料】ル・スピノワ 化粧品 スキンケア 化粧水 肌荒れ 敏感 乾燥 オイリー肌 混合肌 肌トラブル 美肌 脂漏性 皮膚トラブル 赤み ガサガサ肌 保湿 大人ニキビ【代引不可】

現在は ヒューマンフローラの整菌ラボスキンケア を使っています♪

脂漏性皮膚炎のわたしはビオチン療法を1年間続け、その後はダラダラと飲む。

エクオール+ラクトビオン酸_AMC

ビオチン療法の効果がすぐに出るとは夢にも思っていませんでした。そのため、最低1年間は続けようとわたしの中で決めていました。その中でお肌にはアップダウンがあり、結局、ビオチン療法の効果は分かりませんでした。

その後、勇気を振り絞って、ビオチン療法をやめてみましたが、何も変わらず・・・

お肌は相変わらずアップダウンがあり、良い時もあれば悪い時もありますよ、みたいな感じ。結局、わたしにビオチン療法は必要だったのだろうか?と考えさせられる結果になりました。

が、インターネット上にはビオチン療法でお肌がピカピカになった、キレイになった、と書いている人がこんなにいるんだからわたしにも何らかの効果もあるのだろう、と思い込んで、ずーっとビオチンは何らかの形で我が家にありました。保険、みたいな感じでしょうかね~いつか、わたしのお肌にもビオチンが効く日がくるかもしれない、という淡い希望とも。

結局、わたしは今回の医者の話にものすごく納得をしました。

エビデンス無きビオチン療法、そりゃ義母とわたしの二人ともが効果を感じなかったのかも無理はないよね、と。

結局、わたしのお肌はビオチン以外のサプリメントで効果を実感しているように感じます。

抗酸化サプリとして、 リポソームビタミンCアスタキサンチン 、お肌に潤いを与えるセラミド、ホルモンバランスを整える エクオール+ラクトビオン皮脂バランスを整えるビタミンB2B6、漢方薬の十味敗毒湯、オメガ3サプリメント、ミヤリサンなどなど。

他にも亜鉛とかビタミンD、Lシステインとかも気になるんですよね~(^^;

一方でビオチンがお肌にあう、という意見もあり(酒さ様皮膚炎の場合)。

酒さ様皮膚炎を完治させようブログ を運営しているろーざさんはビオチン療法に一定の効果を感じられている様子。

ビオチンなんですが、私にはどうやら効果があるようで、身体、特に手の甲がすべっすべ(自分比)になりました。

実感が沸くまでには3か月くらいはかかりましたが、半年飲んでも実感が沸かなかったら多分飲むのを止めてたと思います。 でも、髪や爪に対する効果はあまり感じないので、やっぱり個人差があるんでしょうね。

酒さ様皮膚炎に関しては上記のろーざさんのブログを確認ください!ものすごく濃密な内容です。

結局、ビオチンを腸内環境で生産できているか、できていないかだと思うんですよね。

わたしと義母の場合でしたら、ビオチンは十分に足りていた ⇒ だから、変化を感じなかったのかも。

一方、ろーざさんの場合でしたら、ビオチンが十分に足りていなかった ⇒ それを補ったことにより、お肌に変化が?

ということかな~と。

もしくはビオチン療法の3点セットをきっちりと飲んでいる方の場合でしたらミヤリサンによる腸内環境の改善により、皮膚がスベスベになった、と言う可能性もありますね。

医者の言葉がわたしの目を覚ます、ネットの情報を精査する必要性。

ビオチン療法に関しては主人も知識として知っていました。

自分の母親の掌蹠膿疱症を調べていく中でビオチン療法を把握し、また、嫁のわたしの脂漏性皮膚炎でもビオチン療法を知識として知っていました。

「あの先生によるとビオチン療法ってエビデンスがないんだって!わたしが飲んだビオチン代金~」

と叫ぶと主人もえらく衝撃を受けておりました(汗)。

一方、ビオチン療法で役だったこともあります。

何はともあれ、腸内環境を整えるぜ!そして、ビタミンCをせっせと摂取するぞーということですね。こちらは効果を感じました。毎日ではないですが、今でも腸内環境が乱れた時はミヤリサンを飲んでいますし、リポソームビタミンCなどのビタミンCサプリメントもせっせと飲んでいます。

インターネット上には無数の情報が飛び交っています。

お肌が不調になるとありとあらゆる原因を探し、そして、ありとあらゆる方法を試したくなります。うん、昔も今もわたしはそうですね。

それだけに、皮膚科医の「ネットだからね」という言葉はなかなか示唆に富んでいるな~考えさせられるな~なんてことを思ったわたしなのでした。

本当に信じるべき情報はどこにあるのか?本当にわたしが必要とすべき情報はどこにあるのか?

今一度考える時なのかもしれません。

テレビで紹介された整菌スキンケア! かゆみ、かぶれ、ぶつぶつなどの肌トラブルに悩んでるあなたへ。 まずはお試しセット1080円! 【ヒューマンフローラ】