III型コラーゲンビューティードリンク(アルマード)、アラフィフの男が試してみた。

III型コラーゲンビューティドリンク_アルマード

モニターとしてアルマードの「III型コラーゲンビューティードリンク」を飲ませていただきました!主人が。

我が家ではプラセンタ=わたし、コラーゲン=主人という役割ができておりますの。わたしはコラーゲンにはイマイチピンっとこないけれど、主人はコラーゲン摂取するとたちまちのうちにお肌がピチピチニに!と体感します。

40代初めのわたしはまだコラーゲンが必要ないのかもしれませんが、40代半ばを超えた主人はコラーゲンのありがたみを体感するのかも!?体質の問題かもしれませんが(^^;

というわけで、若がえりコラーゲンと称されるIII型コラーゲンを配合したアルマードのIII型ビューティードリンクを飲んだ感想を主人にインタビューしてみました。

参考 飲むだけで簡単な全身美容と健康ケア!!TVや雑誌でも話題の【III型ビューティードリンク】

スポンサーリンク

お肌の弾力を決めるのはⅢ型コラーゲンの力。

コラーゲンには複数の種類があります。

  • Ⅰ型コラーゲン 骨・皮膚などに含まれる繊維製コラーゲン。
  • Ⅱ型コラーゲン 軟骨や硝子体に含まれる潤滑性コラーゲン。
  • III型コラーゲン 皮膚や血管、肺などに存在する柔軟性コラーゲン。

その中でも今、メディア等で注目されているのが今回紹介します「III型コラーゲン」。別名、「ベビーコラーゲン」と称されることも。

この「III型コラーゲン」を多く持っているのは赤ちゃん。赤ちゃんのあのプルンプルンのお肌を思いだしてください。あの羨ましくなるようなプルンプルンな弾力。40代の我ら夫婦からは失われて久しいプルンプルンさ。ああ、羨ましい・・・

そのプルンプルンの弾力とモチモチとしたお肌を支えているのがIII型コラーゲンになります。赤ちゃんのお肌はIII型コラーゲンがたっぷりと含まれております。このⅢ型コラーゲンは、他の型に比べると細くて柔らかい特徴を持ち、赤ちゃんのお肌がプルンプルンで、モチモチとしているのは主にこのⅢ型コラーゲンを50%以上も含んでいるから!

が、このIII型コラーゲンはお約束の通り、25歳前後を境に加齢と共に失われていきます・・・トホホ。

そこに着目して開発されたのがアルマードの III型ビューティードリンク

アルマードの「III型ビューティドリンク」。

III型コラーゲンビューティドリンク_アルマード

商品名:Ⅲ型ビューティードリンク

内容量:50ml×10本

価格:3,780円(税込)

特許取得 マスカット味 防腐剤・合成着色料不使用

Ⅲ型コラーゲンをサポートする卵殻膜とその他13種類の美容サポート成分を配合した美容ドリンク。

原材料。

III型コラーゲンビューティドリンク_アルマード

マスカット、果糖ブドウ糖液糖、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、フラクトオリゴ糖、卵殻膜粉末、豚軟骨抽出物、鶏胸肉抽出物(アンセリン・カルノシン15%含有)、希少糖含有シロップ、N-アセチルグルコサミン(カニ、エビ由来)、プロテオグリカン含有サケ鼻軟骨抽出物、セラミド含有とうもろこし胚芽抽出物、乳酸、乳酸Ca、ビタミンC、香料、ユッカ抽出物、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(スクラロース)、ビタミンE、トマト色素(トマトリコピン)、環状オリゴ糖、クエン酸第一鉄Na、ビタミンD

使われているコラーゲンはフィッシュコラーゲン(海洋性コラーゲン)になります。

一般的に海洋性コラーゲンは動物性のコラーゲンに比べると独特の匂いが少ないとされています。コラーゲンの匂いや味に苦手意識を持っている方が多いかと思いますが、その場合は動物性のコラーゲンが使われているからかも。海洋性コラーゲンはその独特の匂いを和らげてくれます。

また、海洋性コラーゲンは消化や吸収がされやすい形に加工されたものも多く、最近はサプリメントにもよく利用されています。今回のアルマードの III型ビューティードリンク のように。

特許取得の卵殻膜だけではない!13種類の美容成分を配合。

  1. 卵殻膜:消化吸収にこだわった、東京大学との共同研究によるアルマード独自製法の卵殻膜原料
  2. プロテオグリカン:話題のエイジングケア成分
  3. コンドロイチン:アクティブな毎日に
  4. イミダゾールジペプチド:渡り鳥のスタミナの源
  5. 鉄分:女性はしっかり摂りたい栄養素
  6. セラミド:ふっくらモチモチを目指すなら
  7. リコピン(トマト粉末):キレイを維持するカロテノイド。自然由来のリコピンで注目のトマト
  8. グルコサミン
  9. フラクトオリゴ糖
  10. 希少糖
  11. ビタミンC
  12. ビタミンD
  13. ビタミンE

東京大学と共同開発したという「卵殻膜」とはタマゴの殻の内側にある薄膜をさします。

0.07㎜という薄さの卵殻膜の主成分はたんぱく質。そして、18種類のアミノ酸、コラーゲンやヒアルロン酸などが含まれており、また、卵殻膜にはコラーゲンやヒアルロン酸を生成する「線維芽細胞」と呼ばれる細胞を活性化させる働きがあるのです。

このことにより、卵殻膜を摂取し、線維芽細胞を活性化させることはⅢ型コラーゲンを増加させると考えられています。結果として年齢にとらわれない若々しい肌を維持することが可能になるとされています。

参考 飲むだけで簡単な全身美容と健康ケア!!TVや雑誌でも話題の【III型ビューティードリンク】

アルマードの「III型ビューティードリンク」を飲んでみた。

III型コラーゲンビューティドリンク_アルマード

色は黄色っぽい若草色。

主人にインタビューをしてみました!

  • 量:少ない。もう少しあってもいいのでは?
  • 味:マスカットの味、爽やかな酸味。最後には「コラーゲン!」という後味がある。が、コラーゲンドリンクにしては飲みやすい。
  • キャップの開封のしやすさ:問題なし。
  • 飲んで感じた変化:額の皺が消えた。お肌が潤ったかも?夏の汗による肌荒れが軽減したような気がする。

乾燥性敏感肌の主人は数多のコラーゲンドリンクを飲んでおります(^^;

その中で今回のアルマードのⅢ型ビューティードリンクは比較的の見やすい印象。さっぱりとした酸味があり、後味にコラーゲン独特の味がついてくるがまだいけるようで。

感じた変化。

また、飲んだ時期は猛暑の時期。

乾燥性敏感肌の主人は毎年、この時期、汗にやられてしまいます・・・( ;∀;)

ウィラードウォーターiHerb(アイハーブ)で購入したボディクリーム (これが意外と良かった!)で落ち着きを見せておりますが、やはり多少は汗による影響を受けます。湿疹ができ、赤くなり、痒くなってしまう、という。そして、掻き毟ってしまうと。

アルマードのⅢ型ビューティードリンクを飲み始めた頃はちょうど汗による影響がじわじわときている頃でした。ウィラードウォーターiHerb(アイハーブ)で購入したボディクリーム をせっせと塗ると同時にいささかの期待をこめてアルマードのⅢ型ビューティードリンクを摂取。

すると、お肌が適度に潤ったのか、湿疹の広がりがおさまり、赤味も落ち着いてきました!

主人のようにコラーゲン不足を実感する体質にはアルマードのⅢ型ビューティードリンクはいいなぁ、とシミジミとしたものです。また、額の皺が消えました(笑)

最近は部下の情けない体たらくにカッカカッカし、眉間や額に皺を寄せていたのですが、消えたような気がします~笑。これは部下が成長した証かもしれませんが、いやいや、アルマードのⅢ型ビューティードリンクが効いたのだ!ということにしておきましょう(^^)/

総合評価としては「アリ」!

後はもう少しお安ければいうことないのですが・・・(^^;

※尚、沈殿物が底面に貯まりやすい様子。飲む前に振る方がいいようです!

アルマードの「III型ビューティドリンク」を購入してみる。

III型コラーゲンビューティドリンク_アルマード

大切なのは若がえりコラーゲンである、Ⅲ型コラーゲン!

日中はまだまだ暑いですが、朝夕は少しずつ秋の気配が忍び寄ってきました。

本格的にお肌がカラカラになる前に、真夏のダメージ肌を癒やすためにアルマードのⅢ型ビューティードリンクをお供にいかが?

★新規加入キャンペーン実施中★

髪の毛がサラサラになる「 オーディ オールラウンドミスト 50ml 」& 青汁「 卵殻膜 美-菜 2包」がプレゼント!(8/31(水)17時まで)

お申し込みはこちらから → III型ビューティードリンク