2017/05/20

改めてさようなら、砂糖!眠っていたてんさい糖と黒砂糖を処分した。

昨日から、をはじめることに。

あっさりと書くと毎日3個ほど捨てていき、それをノートに書いていく、というもの。で、手始めに手持ちの砂糖、てんさい糖と黒砂糖を処分することに。

だって、脱シュガー・砂糖断ち開始1ヶ月と1週間の間、この二つを全くと言っていいほど使っていないもの。

それに砂糖断ちの結果としていろいろと嬉しい変化を体に実感しつつある今、わたしは料理で再び砂糖を使うだろうか?と考えた時に「あ、ないわ」と。

わたしの中で自然に・・・

 白砂糖を断つ!
  ↓
 砂糖を断つ!

と目標が変遷しました。非常にすんなりともう使わない、使わないでわたしは料理をできる、と自信が付いたような気がします。あえて家に砂糖を置いておく必要がないな、と。

だから、改めてさようなら、さようなら、と潔く捨てました。

いっぱい残っていたけれど、今まで(TдT)アリガトウ

これで我が家から砂糖という名のつく調味料は一掃されました!

スポンサーリンク

今後の料理では蜂蜜を。

基本的に料理において甘みが必要なときは蜂蜜を使うつもりです。

わたしの場合、もっぱら和食に使う感じ。

蜂蜜を何度かみりんやてんさい糖の代用として使いましたが、特に違和感もなくいけそうな感じでしたので。 現在は自分なりの分量を試行錯誤している段階です。

今は安いアルゼンチン産を使っていますが、上記の砂糖とオサラバした分の原価をこの蜂蜜に上乗せします。次は憧れの国産アカシア蜂蜜を。お高いけれど・・・(ヽ’ω`)

が、念のために本みりんも残しております。みりんは悩ましいですねー・・・

おやつ問題は?

で、おやつ系はもう我が家では作らないことにしました。基本的に甘美なる誘惑である甘いおやつは外でしか楽しまない、と割り切ることに。

どうしても、どうしても家で食べたくなったら、砂糖不使用のお菓子を作ればいい&割り切って市販品を買ってくればいいだけのお話。『 脱シュガー宣言! 』に掲載されていたおやつを作るのもアリかもしれませんね。

もしくは今のところ甘みを感じさせているために避けていますが、ドライフルーツでも考えようかな~。後ですね、下記の豆が意外といい仕事をします。

正直なところ、あんまり美味しくな・・・いえ、香ばしいのだけれど、味がない、みたいな。でも、口寂しい時に重宝しますし、腹持ちも抜群。何より単なる豆だから安心して食べれます。リピート予定。ちなみにわたしは800円の時に購入しました。

砂糖断ちの間、間食はどうするのか?問題を考えてみた。

ちなみに実感として・・・砂糖断ちをすると、本当に甘いおやつへの誘惑が限りなく薄れます。

それに気づいた時、いかに脳が砂糖というマイルドドラッグにやられていたのかを実感しました。

でも、たまに甘美なる誘惑を楽しむ。

と思っています。

外食の機会はあるんですが、今のところ砂糖断ちをしてから一切食後のスイーツは食べていません。食べるのが怖い・・・という。まだ、自分に自信がないんでしょうねー

とりあえず、3か月は市販の甘いおやつは徹底して断つつもりです。2月10日から始めたわたしの場合、ちょうどGWの頃ですね~

その頃は何かとお出掛けの機会とかありそうなので、ちょうどいいかも。

まぁ、こんな感じでぼちぼちとやっていきます~生活の中で砂糖を8割から9割断てればいいのよね。

始める前は、「脱シュガー・砂糖断ちってどんだけしんどいねん!?」と思っていましたが、始めるとさほど苦痛じゃない、という。むしろ生活も体も少し軽くなったかも。

だからこそ、さようなら、砂糖。

こうやって砂糖という麻薬を断つ!脱シュガープログラム。