2017/05/19

ここ数年で最も胃腸が軽い!小麦粉じゃない、卵か乳製品が怪しい。

卵

先日まで小麦粉断ちをしていましたが、イマイチ変化が感じられず、追加として卵と乳製品も断ってみました。

〔参考〕小麦粉断ち2週間経過、なんか変化あったの?というお話。

すると、なんということでしょう!

じわじわと胃腸が軽くなり、ここ数年の不調が吹き飛ばす勢い。

そうか、犯人は小麦粉じゃない、卵か乳製品なのかもしれない、と思い始めています。ひょっとするとその3つともアウトかもしれませんが・・・涙。

先日、ケンタッキーで小麦粉&乳製品&卵の食事後、胃がまたもや重たくなり、節制をすると胃腸がよくなってきました・・・

というわけで、Amazonにて遅延型フードアレルギーの検査キットを申し込みました。

これで原因がはっきりとするといいのですがね。

元々、わたしは甲殻類アレルギーを持っていますので、食品からある特定のモノを除去する生活習慣は染み込んでいます。それを拡大することになるんでしょうね~、と。

卵か乳製品かぁ・・・辛いけれどガンバロー・・・まだ完全にすっきりとしないということは他にもなんかありそうなんだよねー汗

スポンサーリンク

「なんとなくの不調」を感じる日々。

ここ数年、病院へ行っては検査をうけ、薬や漢方薬を飲み、節制をし、イマイチだった胃腸の回復につとめました。一時的に効果を感じても、結局は・・・と「わたしは胃腸が虚弱という体質なのか」と諦めがちでした。

が、今、思うとわたしが試したそれらはすべていわゆる対症療法になり、根本的な解決に繋がっていなかったのでしょう。

対症療法(たいしょうりょうほう)とは、表面的な症状の消失あるいは緩和を主目的とする治療法。姑息的療法とも呼ばれる。転じて、医学以外の分野において「根本的な対策とは離れて、表面に表れた状況に対応して物事を処理すること」という意味で用いられることがある。

検査をしても病気の原因は分からない、ただ、「胸が圧迫されるよう、胃腸が重たい、食欲がない、体重が落ちる」という日々を過ごしていました。本当に辛かったです・・・涙。

病気の原因は見つからない→精神的なもの?みたいに片づけられそうになって、途方にくれたわー

複数の病院にかかったけれど、誰も遅延型フードアレルギーの可能性を指摘してくれなかったわという。。。ま、わたしも気づかなかったし、そもそも指摘してもらっても胡散臭く思っていたかも。

砂糖を断ち、体調のあらゆる良い変化を体感した今だからこそ、遅延型フードアレルギーに目を向けるきっかけになりましたからねー遠い目

即時型と遅延型は症状がかなり異なる気が。

体質によると思いますが、即時型と遅延型のフードアレルギーはかなり異なっているような気がします。

わたしの甲殻類アレルギーは即時型。食べたものや量によりますが、嘔吐、発熱、発疹、呼吸困難を伴います。急速に発症し、治まる時も急速に収まりますが、マジで救急車必須。

また、何故かかっぱえびせんとかは平気だったりします。あと、同じライン上…云々は意外といけたりしますー。ともあれ、即時型は基本的に症状が分かりやすい分、発見も早いし、医者の対処も早い。

が、遅延型は分かりにくいですねー汗

いや、まだ確定ではないですが、ほぼ間違いなく卵か牛乳に遅延型フードアレルギーを持っていると思われますorzが、数年かかってようやくそこに考えが至ったという・・・

日本では遅延型フードアレルギーの検査を実施している病院がそもそも少ないから医者は指摘しないのかなー?

あなたのその不調、アレルギーかも?

ともあれ、回り道の果てにようやく「わたしの胃腸の不調はアレルギー反応を起こしていたのかもしれない」と気づきました。

検査キットが到着後、また検査を受ける様子、検査結果、その結果を踏まえて食生活をどのように組み立てていくか考えていきたいと思います。

そして、1年後、再度、遅延型フードアレルギーの検査を受けようか、と。変化を調べたいものです。

また、機会があれば即時型や金属などのアレルギー検査も久しぶりに受けたいものですね。

ともあれ、原因さえ分かればあとはいかようにもなる!と今は超前向き♪

今、思っているのは卵か牛乳のどっちだろうか?と。どっちがアレルギー要因だろうか?と。

どっちでも辛いなぁー・・・正直。

ま、両方の可能性もあるんだけれどねwww

遅延型フードアレルギーの検査結果、卵だと判明。

遅延型フードアレルギーの検査を受け、結果が返送されました。

〔参考〕遅延型フードアレルギーの検査結果が返却された、そして「さようなら、卵」。

犯人は卵と分かり、スッキリと。2015年9月現在、卵を徹底的に断っております。