2017/05/20

『スロージョギングで人生が変わる』まずは30分ゆっくりと走ることから!

スロージョギングで人生が変わる

「そうだ、走ろう!」と勢いよく走ってみたけれど・・・あまりにも自分が走れないという現実に愕然とし、ネット上で調べまくった結果、スロージョギングに手を出すことに。

〔参考〕スロージョギングのススメ、40代からの守り神 & 若返りホルモン(DHEA)を増やす!

すると何やかんやと走れるようになりました。ええ、最後に走ったのは20数年前・・・という体たらくのアラフォー主婦でも走れるようになりました。

現在、時速6-7キロのスロージョギングで1時間ほど走っております。すると走ることが面白くなってきまして、きっちりとスロージョギングを勉強しよう!と『スロージョギングで人生が変わる』を入手しました。

この本ではスロージョギングとして時速4-5キロを進めておられますが、どうにも勝手に体が動いてしまうようで・・・なんやかんやと時速6-7キロのペースに。それが余裕ならいいのですが、わたしは走り終えた後、息がゼーゼー、汗もかなりかいておりますの・・・

ということはスロージョギング以上の負荷がかかっているような気がしてなりません・・・遠い目。

そのため、ペースメーカー的な時計を購入しようか現在、迷っているところです、でも、お高いのよ(涙)

年末年始の何かとお金が飛んでいった時期に買うのもね・・・さて、気を取り直しまして『スロージョギングで人生が変わる』の紹介を。

スポンサーリンク

田中宏暁著『スロージョギングで人生が変わる』。

著者の田中宏暁先生は・・・

1947年生まれ。東京教育大学体育学部卒、医学博士。現在、福岡大学スポーツ科学部教授、福岡大学身体活動研究所所長。専門は運動生理学で、特に肥満・ 動脈硬化性疾患などの生活習慣病の治療と予防、健康増進・競技力向上に有効な運動処方に関する研究が主なテーマ。健康づくり運動の啓蒙活動も積極的に行っている。マラソンの自己最高記録は、2時間38分50秒(50歳時)

とのこと。スロージョギングに関しての権威だそう。マラソンの自己最高記録がすごいですね・・・(^^;

同著では、スロージョギングのメソッドをわかりやすく解説し、すぐにも実践できるよう具体的なアドバイスなどが書かれています。個人的には読んで良かったかな、と思います。

スロージョギングで生活習慣病が改善される。

現代人はどんどんと運動しなくなっています。

運動が健康によいというよりも、運動不足が病気や死をまねくそう!

それを防ぐためには激しい、高い負荷のかかる運動がいいというのではなく、スロージョギングベースの軽い運動がオススメとのこと。結果・・・

  • 血圧が下がる。
  • 脂質異常症を改善。
  • 血糖値が下がる。
  • 内臓脂肪が燃えて、メタボも改善。
  • がんにかかりにくくなる。
  • 認知症を予防できる。

スロージョギングの結果、これら生活習慣病の予防に繋がり、体力増加も期待できます。

スロージョギングの方法。

前回の記事でも書きましたが、スロージョギングの方法に関しては以下をチェックしてくださいませ。

動画は非常に分かりやすいと思います。

  • 歩幅は小さく10~40㎝。
  • 着地は足の前部分から(かかとではダメ)。
  • 目線は遠くにあごが少しあがるぐらい。
  • 呼吸や腕振りは自然に。
  • ニコニコ笑顔でニコニコペース

それらに補足する形で・・・

目標は週3回以上、30分から1時間ジョギングする。

週180分以上を目指すこと。

そのためには1回の量を30分から1時間を目安として、週に3回以上走れば、体力アップの期待ができるそうです。

雨が降っている時や風邪気味で体調が悪い時は休むこと。また逆に体調がいい時は普段よりも長く走るのもOK。「毎日走らなくては」と頑張りすぎるよりも、多少に気楽に考えた方がいいそうです。

距離ではなく時間で計測する。

走る量は距離ではなく、時間ではかることを習慣に。

距離を目安にすると、早くノルマを達成しようとしてつい早く走ってしまいがちに。そのため、2キロとか4キロとかではなく、30分とか1時間とかではかるように。

また、その方がジョギング量を把握しやすいですね!距離だとどうしても距離を「計測する」手間が必要になってきますが(スマホのアプリでもあるが・・・持って走りたくない)、その点、ジョギングした時間は時計をチェックすればいいだけなのでいい感じです(*´з`)

で、走り終えた後にGooglemapで距離を計測しています。現在、ジョガーご愛用の時計を購入しようか、どうしようかかなり迷っております・・・が、GPS機能付きになると、高いんだよねー

安くても1万円弱・・・主人も買うので2万円・・・となると、もっと高機能&高価格でバシッと揃えてしまうか。

それとも以下ぐらいからが妥当なのかと思ったりも。

〔参考〕GPSウォッチ徹底比較

無理に頑張っても走れるようにならない。

ジョギングをはじめた当初、わたしはかなりハイペースだったと思います。自分の体に負荷をかけていました。結果、ばてる。わたしには無理だ、と。

でも、スロージョギングにしたら一気に自信がついてきました。わたしでも走れるんだ!と。ちょっと恥ずかしいぐらいのスピードだけれど、わたしでも走れるんだ!と強く実感を。

市民ランナーの多くは、速く走りすぎている。

フルマラソンを3時間を切って走れる著者よりも頑張って速く走っている人が多い、と指摘がありました。

健康のために走るなら過剰な負荷をかけて走るのではなく、ニコニコと笑って走れ、隣の人と会話できるぐらいの早さで走ることを意識することが必要だそうです。

マイペースが大切なんですって。

※但し、ダイエット目的で走る場合は毎日4キロをノルマとして科すほうがいいようです。その場合、食事も節制をしてくださいね。

スロージョギング、気持ちいい & 愉しいよ!

個人的には以下の理由でスロージョギングが気にいっております。

  • 意外と走れる気分になる。
  • スロージョギングは準備運動無しでもOK。
  • スロージョギングをする時間はいつでもOK。

普通にランニング感覚で走ると1キロも走れませんが(汗)、スロージョギングになるとダラダラ―としたゆるい感じで何分も走れてしまいますね。

初めて30分走った時、40分走った時、50分、そして1時間走った時は感動したものです。

そうか、このスロージョギングのペースならわたしでも走れるのだ!と感動を覚えました。やればできるじゃん!という錯覚も起こりました(^^;

そして、走る時間はいつでもOKよ & 準備運動無しで思い立った時にどうぞ!というゆるさも好きですね。基本的に今から30分間ー1時間走るぞ!という時は準備運動をしていますが、でも、10分とか15分だったらしなくてもいいのかなーと思います。

何よりも走った後の爽快感とか達成感、充実感がいいなーと思うわけですね。ええ、ウォーキングよりも大きくわたしの心を揺さぶります。

スロージョギングで人生が変わるかどうかは分かりませんが、2016年度は黙々とゆっくりと走り、何らかの大会にエントリーできるといいな、と思います。フルマラソンはちょっと自信がないですが、まずは10キロあたりから参加して、ハーフまでいけるといいなぁ、と思い描いています。

そして、いずれはやっぱりトレイルランもやってみたい!

個人的にスロージョギングは気持ちよくて、愉しいと思うのです(*’▽’)

走る前はいろいろと考えちゃっていたけれど、走りだすと別の世界が見えました!