2017/05/18

登山時の日焼け・紫外線対策を考える、40代主婦の場合。

山イメージ画像

このGWは趣味の登山を楽しみました。

わたしはウォーキングが趣味でどこへ行くのも割とテクテクと歩いていくことは苦にならない方です。一方、主人は大学時代に山岳部に入っていた関係もあり登山が好き。が、社会人になってからは長らく離れていたようで、わたしと付き合いだしてから一緒に山巡りをするように。

が、ここ数年、わたしの体調がイマイチでなかなか思うように山へ行けない日々を過ごしておりましたが、遅延型フードアレルギーの検査を受けた ことにより劇的に体調が回復を。そのため、この春は久しぶりにあちこちの山を楽しんでおります。

また、スクワットも非常にいい感じですよ!このあたりはまた別記事にしたいと思います。

さて、個人的に登山はとても楽しくて好きなんですが、気になることもあります。

そう、紫外線とか紫外線とか紫外線とか・・・普段は サンバリア100と芦屋ロサブランの日傘 で徹底的にガードしているわたしも山ではそうはいきません(^^;

多少の妥協の元、現在、40代主婦のわたしが行っている登山時の日焼け対策を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

山は平地よりも紫外線が強い。

紫外線は、平地よりも標高が100メートル高くなるごとに、紫外線の強さが1%ずつアップすると言われているのです。

つまり、標高1000mくらいの山であれば、紫外線が約10%アップするとされています。2000mであれば約20%アップする、と。標高の高い山に登れば上るほど紫外線量は増えていきますので、下山後、後悔しないように徹底的に紫外線からお肌を守りましょう。

紫外線から「物理的」にガードをする。

わたしの紫外線対策は基本的に1にも2にもコレです。

物理的にガードできるものは物理的にガードをします。そのため、体には日焼け止めを使わないことも多く。登山をするとどうしても汗をかくので日焼け止めクリームと混ざり合うのが生理的に受け付けないので顔はともかくとして、体には物理的にガード派。

海水浴に行くのとは異なり、山へ行く場合、いかようにも物理的にガードできます!

  • 長袖・長ズボン
  • つばの広い帽子
  • アームカバー
  • 手袋
  • ストール

長袖・長ズボン。

軽いハイキングでも登山でも長時間、外にいる場合は必ず長袖のシャツや長いズボンを着ます。

基本的に洋服でカバーできるものはすべてカバーするという感じですね。夏山登山は滅多にしませんが、夏でも絶対に長袖・長ズボンは必須です。

インナーは速乾吸収性のもの(ユニクロのエアリズムでもOK)を着、その上に何枚か薄手の服を重ねます。機能性抜群のウィンドブレーカーが1枚あると便利ですね。

今の季節、管理人がメインで愛用しているのはモンベルです。軽くて扱いやすいです!何よりもお値段がお安い!!!Amazonにおけるレビュワ―の高評価も納得。

つばの広い帽子。

顔はもちろん、髪の紫外線対策にも。

登山用品店で購入した防水対応の帽子も所有していますが、いかんせんどうしても蒸れます。風が抜ける感じがほとんどなく、汗ダラダラになることもあり、現在はデイリー使いもしている綿の普通の帽子をかぶって歩いています。

数年前に購入した岡田美里さんの帽子がお気に入りです。

実際に被ってみるとこんな感じ。

レディース UVカット 帽子 夏 つば広 ハット 岡田美里 mili millie 「可愛いセレブハット」

寝起きのボサボサ髪を許して(´・ω・`)

UVカット率99%以上。頬が完全に隠れ、横からの紫外線をカットできることがお気に入りです。また、通気性も抜群のものがあり、蒸れる度合いがマシですね。雨が降らない限りはこれを被っている感じですね。

アームカバー。

複数枚、所有しています。

基本的に腕の紫外線に関しては長袖の服でカバーをできますが、体温調節などにも役立ちますので、基本的につけて歩く、暑くなったら外す、みたいな形で使用をしています。好みの関係で綿・シルクを愛用。

手袋。

紫外線対策にも重宝しますし、山中で何かを掴むときにも重宝します。

ちなみに・・・管理人はうっかりと触れてしまった「うるし」でかぶれたことが( ;∀;)それを思うと手袋の存在は本当にありがたいのです~是非、手袋をして山に行ってくださいね。意外とされていない方が多いので。

ストール。

首回りの紫外線対策にストールは欠かせません。

また、ストールのあるなしで温度調節もできますので、是非、活用を。個人的な趣味で綿 or リネンのストールを愛用しております。汗を吸収してくれますし、ガンガンに洗濯をしてガンガンに使い倒せるものを愛用しております。

後、サングラスもありますね。わたしは景色をそのまま楽しみたいのでサングラスをしておりませんが、これも有効です。近々、導入するかもしれません(^^;

紫外線から「日焼け止め」でガードをする。

体は物理的ガード派のわたしですが、顔はそうもいきません(^^;

というわけで何らかの「化粧品」を使って紫外線対策をする必要が。一応、紫外線対策のマスクも持っておりますが、山では恥ずかしい・・・

  • 日焼け止めクリーム
  • 日焼け止めすスプレー
  • 紫外線防止効果のあるファンデーション

ラ・ロッシュ・ポゼの日焼け止めクリーム。

目安としては・・・

  • SPF30〜50+
  • PA++〜PA+++

これぐらいあればいいとのこと。

かつ、敏感肌としてはお肌に優しい日焼け止めを使いたいということでラ・ロッシュ・ポゼの日焼け止めクリームを愛用していました。なかなか優秀です。

1本持っていると重宝する、日焼け止めスプレー。

わたしは使ったことがありませんが、たまに顔や髪にシューッとしている女性を見かけます。お肌にあえば非常に便利だと思います!

また、洋服に使用するスプレーもあります。

必要に応じて使用されるといいでしょう。

紫外線防止効果を謳った24hのプレミアムファンデーション。

現在は上記で紹介したラ・ロッシュ・ポゼの日焼け止めを使っておりません。

先日、購入しました24hのプレミアムファンデーションセット をフルに活用しております。そして、紫外線防止効果のパウダリーファンデーションを2時間置きぐらいに塗り直すことを意識しております。

山の中でファンデーションをパタパタと塗っている女がいたらわたしだと思ってください・・・汗

今のところ、満足できる結果となっております。

SPF40 PA+++MMUの割に持ちがかなりいいこと、カバー力があること、崩れてもそこそこキレイに見せてくれること、お肌への負担が少ないこと。もちろん、お手持ちのパウダリーファンデーションでお気に入りにモノがあれば、そちらを使ってください。

紫外線対策には日焼け止めクリームを塗るよりも、UV効果のあるファンデーションを使う方が効果的、と聞いていましたが、確かに実感をしましたね。特に顔はファンデーション塗り直しの方が楽です。

「日焼け後のケア」を徹底する。

内側と外側、両方からのケアをしたいものですね。

登山後は保湿を徹底し、ビタミンCを使ったスキンケアを意識します。わたしが使っているのはコレ。

また、内側からもビタミンCを補給しまくっております(^^;

iHerb(アイハーブ) にて購入をした LypriCel, リポソームビタミンC をとーっても重宝しております。登山の前後は1日3回ぐらい摂取をしています。

参考 LypriCel(リプライセル)リポソームビタミンCはビタミンC点滴に匹敵する最強の抗酸化力 → 疲れよ、さようなら。

また、乾燥したお肌よりも潤っているお肌のほうが紫外線の影響を受けにくいとされています。山に入る前にしっかりとお肌を潤わせておくことも一つの手ですね。

追記 「オバジ(obagi)C10」ビタミンCセラムで40代の毛穴、くすみ、シミに立ち向かえるか!?

究極の対策「太陽を背にして歩ける」 & 「木々の多い」コース。

わたしは標高の高い山はさほど好きではありません。

標高が高くなる=木々が少なくなる=紫外線直撃、というイメージがあり、1000m~2000mぐらいの間で登山コース全体的に木々が適度にはえ茂っている環境が好きです。日陰ラブ。とにかく、日陰を見つけたら一直線を合言葉に歩いております。

そして、可能ならば「太陽を背にして歩くこと」を意識してみましょう。と書いておりますが、山をグルグルとしている限り、まず無理です。紫外線は前からも横からも容赦なく襲いかかってきます。

でも、「太陽を背にして歩く」と意識する、しないで大きく変わってくるんじゃなかな、と一人納得を。

というわけで、わたしが好きなコースは「太陽を背にして歩ける」 & 「木々の多い」コースになります。

紫外線は怖いけれど、登山はやめられない。

本当、これ。

汗ダラダラだし、息は切れるし、疲れるし、ヨロヨロのヘロヘロになるけれど、登山はやめられない。登った時の爽快感とか達成感は本当にいいよね。

多分、マラソンとかで42.195を走り切った時と同じような感覚なんじゃないかなーと一人妄想中。

ほとんど自己満足に近いですが、日常生活ではなかなかこの爽快感とか達成感は味わえないのでこの感覚を味わえる登山はとっても貴重な気がします(^^ゞ

また、木々のざわめきと川のせせらぎ、小鳥のさえずりだけを聞いて、黙々と歩いていると一種の瞑想状態に浸れますよーフっと意識が飛ぶような。

「そこに山があるから」とかいう格好いい理由ではないけれど、これからもスクワットで足腰を鍛えて、マイペースに山を歩いていきたいと思います。

あ、虫対策は 虫・蚊よけスプレー他、精油を使った子どもにも大人にも優しいナチュラルな製品を集めました。 をチェックしてくださいね(^^)/