ナイアードのガスールパックで40代のぱっくり毛穴、角栓に変化が!お肌がフラットに。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

夏ですね。暑いですね。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さて、個人的には「汗ダラダラ ⇒ 毛穴パックリ ⇒ 角栓みっちり」という嫌なカルテットの季節になってまいりました(^^;

というわけで登場したのがナイアードのガスール。

久しぶりに使うと感動する実力でした・・・!

若かりし頃はピンっとこなかったけれど、40を超えた今はナイアードのガスールの威力にひれ伏しております。40代の毛穴と角栓にその実力をいかんなく発揮してくれ、150gを購入後、500gを購入しました。

素晴らしい実力です。神・・・!と叫んでしまいましたことよ~。

スポンサーリンク

ナイアードの『ガスール』とは、モロッコの女性のお手入れの元。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

洗顔で使う場合は5gの使用で。これを水に溶かして毎日の洗顔に使います。

ナイアード社のHP より引用。

モロッコで古くから石鹸のように使われてきたクレイ(粘土)、ガスール。ナイアードのガスールは、原石を地下水で溶かし、ろ過して、太陽と風で乾かしたシンプルなもの。粘土の吸着力が肌の汚れを取り除き、ミネラルが顔や髪、身体をしっとりとなめらかに洗い上げ、整えます。

全成分は「モロッコ溶岩クレイ」オンリーという潔さ。

いわゆる泥パックになります。モロッコの女性たちは古来より、このガスールを使って全身を磨き上げてきた様子。

ガスールには肌を穏やかに整えるというマグネシウム等の「ミネラル」が多く含まれます。洗顔、パック、洗髪、全身の洗浄、手づくり化粧品の基材として使うことができます。ガスールは保湿力が高く、中性に近いため、肌にマイルドな触感をもたらします。

ガスールの持つ粘土の粒子が磁石のように優しく汚れを吸い寄せます。肌や髪の汚れをしっかり落とし、それでいてガスールが持つ豊かなミネラルがしっとりなめらかに洗い上がりの肌を整えてくれます。

そう、驚くほどにしっとりとなめらかに。

ナイアードのガスール、固形と粉末に違いはあるの?どちらが使いやすい?

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

ナイアードのガスールは粉末と固形があります。

今回は比較のためにそれぞれ10gを容器に入れてみました。固形も粉末も同量の10gです。計量済。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

粉末のほうが滑らかでいい~と書いておられる方もチラホラ見かけますが、個人的には固形も粉末も水で溶かすとほとんど近いが分からなかったりします。

わたしの肌が鈍いだけかもしれませんが・・・きちんと水で溶かすと固形もふんわりと溶けて、トロリとした質感になりますよ。公式サイトに動画がありますので、参考までに貼り付けておきます。

ナイアードのガスールでパックするシンプルな方法。

今日は泥パックとして使う方法を紹介します。公式サイトには1~2週間に1度ほどの頻度でと書かれていますが、わたしは1週間に1~2度ほど朝に実施しています。洗顔代わりとして水で濡らしたお肌にガスールパックをする、と。

【材料】ガスール10g、水15ml

  1. 肌が隠れるように厚くガスールを塗ります。 ※目の周り等、皮膚の薄い部分は避けてください。
  2. 5分ほど待ちます。
  3. 乾く前に洗い流します。

お肌の様子を見てパックの頻度を調整してくださいね。また、このほか、フラワーウォーターを使う、ハチミツを使う、ヨーグルトを使う、米ぬかを使うなどのアレンジ方法があります。

以下は10gのガスールに15mlの水(大匙スプーン1杯)を入れた直後の様子。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

ガスールが一気に水を吸い込んでくれます。見た目、ほとんど変化がありませんが・・・(^^;

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

ほとんどの水はガスールに吸い込まれました。

画面右側の粉末の方はあんまりきれいじゃないですが、固形の方はなんだかキレイに見えません。これね、指で崩すとふわっと入ります。本当にふわりと。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

これをお肌に伸ばすとこんな感じ。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

塗って3分後。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

ほとんど乾いていませんね。ガスールは乾く前に洗い流すのがポイント。

そのため、わたしはパックとして使う時は3分~4分をめどにしています。風呂場でやるともう少し長くてもいいかもしれません。とにかく、乾く前に洗い流すこと。

洗い流しただけの手はこんな感じ。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

写真ではまったくわからないと思いますが、しっとりとツルツルの質感。

泥パックで汚れの吸着とかあって、乾燥するのかな?と思うところですが、不思議なことにしっとりツルツルなんですよね。とはいえ、泥パックで汚れを吸着し、乾燥していますので保湿はしっかりとなさってください。

※尚、上記のボトルは L’uvalla Certified Organicのオレンジ・トナー(アルコールフリーのふき取り化粧水) 。オレンジの甘い香り漂う化粧水でして、この夏のお気に入りです。

40代のパックリ毛穴と角栓がうっすらとし、お肌がフラットに。

ナイアード_ガスール_泥パック_毛穴_角栓

粉末のガスールに水を入れて3分後。

久しぶりにナイアードのガスールで3分パックを行いました。

するとですね、えらく感激しました。

「わお!毛穴が引き締まったし、角栓もどこかへ消えたし、なんだかお肌がキレイになったような気がするー」

という感激を味わいました。

何よりもガスールを使った後のしっとりツルツル感、ときたら!

結果として、最近、ザラザラしていた顎や鼻のあたりの角栓もマシになっているし!とそりゃもううっとりとしましたことよ。想像以上に角栓に対しての威力を発揮してくれました!

「ガスールを洗い流した後、逆に角栓が目立って・・・」というコメントもたまにありますが、わたしの場合はキレイにスルリンと抜けているような気がします。それだけ毛穴が開いてしまっているのかもしれませんが(^^;

その毛穴ですが、パックの回数を重ねるにつれて角栓が目立たなくなり、かつ、引き締まってきたような気がします~喜

若い頃はここまで感動もなく、ガスールは使ったり、使わなかったりだったのですが、年齢を重ねた肌にはテキメンに違いを感じました。わたしのマストアイテムになるやもしれん・・・!

また、風呂場で全身にガスールパックをしているのですが、首周りのブツブツザラザラはもちろん、肘、膝もさっぱりと。このあたりは年齢を出やすい場所ですが、お手入れを忘れがちなのでマメにパックをしたいものですね~

パック以外にも使える?洗髪、洗顔、基礎化粧品の基材。

パック以外にも洗髪や洗顔、基礎化粧品の基材(上澄みを化粧水として使うなど)も可能です。

わたしのくせ毛の場合、ガスールで洗髪をするとガサガサになるんですよね~ただでさえ扱いにくい髪がますます扱いにくくなるというか。どうにかしてうまく使えないものでしょうか。密かな悩みです・・・

洗顔にはたまに使っています。が、洗顔でどう優しくやってもお肌を擦る結果になりそうで・・・というわけで、わたしの場合、お肌に塗る ⇒ 流すだけのガスールはパックのほうが効果を感じますね~

ナイアードのガスールはどこで買えるの?Amazon?楽天市場?

ナイアードのガスールはいろいろなところで購入できます。実店舗で売っているところも多いと思います。東急ハンズとかソニープラザでも売っているんじゃないかしら。

サイズもいろいろありますのでまずはお試しで150gからどうぞ。

もっと少量でお試しをしたい場合は生活の木のガスールを使うのもアリですね。ナイアードも生活の木も感触や使用感にさほど違いはありません。

わたしはAmazonか楽天市場で買うことが多いですね!