2016/01/05

ゆるゆる糖質制限と運動、1年間でマイナス10kgを達成したアラフォー主婦の場合。

ダイエット!

毎年、正月とお盆の時期だけに会う友人グループがいます。

諸々の事情により、地方に散らばっている友人たちが地元に帰省するタイミングを利用する形ですね。

彼女たちとは半年~1年単位、もしくは数年単位で「久しぶり~」と再会を果たしますので、思いがけない変化(主に老化・・・汗)を感じることも多々。

例えば、昨年の場合でしたら・・・筋肉が欲しい、そう、冷え性のわたしに足りないもの、それは筋肉。 でしょうか。

今年は1年ぶりに再会した一人の友人の変化に驚きました。

スッキリとしている!

驚くほどスッキリとしている!

1年前と見た目がまったく違う!

糖質制限ダイエットの結果でした。

スポンサーリンク

1年間でマイナス10kg!彼女のスペック。

アラフォー、子持ち兼業主婦、身長170センチぐらい。

体重ははっきりと知りませんが、多分、かなりあったと思います。10キロ痩せた今も多分、まだそこそこ体重はあると本人談。そして、今なおダイエット途上の様子。

彼女は10代の頃~大学時代~就職後も数年にかけてハードな運動をしていたため、その頃はかなり筋肉質で引き締まった体格でした。鍛え上げた腹筋もバリバリに割れていたもので眩しい存在でしたわー。ちなみに武道系です。

が、結婚により、その運動をやめ、すぐに妊娠出産。

その頃から少しずつ太り始め、ここ数年はちょっと体重オーバー気味であることが普通になっていました。身長も高いうえに、そこに脂肪が少しずつついてくると、貫録漂う雰囲気を漂わせるように。なんていうか、できる女 & 肝っ玉母さん & 頼りになるお姉さん、みたいな。でも、それがバリバリの体育会系の彼女に似合っていました。

彼女も自分でそう思っている節があったように思います。「これがわたしなのよねー」みたいな。

でもねー健康診断で引っかかったみたい・・・そう、糖尿病リスクというか、まぁ、そのあたりですね・・・「まだ子供も小さいのに!」と衝撃を受けた彼女はそこから一念発起したよう。

見事に10キロ痩せた体型でわたし達の前に現れました。10キロ痩せるとやはり違いますね!見た目が全く違いました。すっきりとして、一回りほっそりとした雰囲気がありまして「おおー!」と感動したものです。

彼女は「まだまだ・・・後10キロ近く落としたい」と言っていましたが、「今でも十分すごいよ!」と皆、絶賛の嵐。いや、もう本当に感動しちゃいましたー!すごいなーと単純に尊敬しました。心の底から尊敬したよ!

糖質制限ダイエット、間食の廃止、そして運動。

ダイエットに取り組むにあたり、彼女はまず宣言を行いました。

職場と家庭にて「わたしはダイエットをする!」と。

恥ずかしさを振り切って宣言したわ、と。そうでないと痩せられない、と。家族とふだん一緒にいる職場の人の協力がダイエットには必要だ、と。

そして、その上で以下の3つを実践した様子。

  • ゆるゆる糖質制限
  • 間食の廃止
  • 運動

ゆるゆる糖質制限。

糖質制限をかなーりゆるく解釈をして実践した様子。

糖質の塊である白米も麺も小麦粉も食べるけれど、1回で食べる量を減らし、食事の中にタンパク質の割合を増やすことを増やすことを意識した様子。

また、自宅では小学生と中学生の子どもと食卓を囲むため、「極端な食事は教育上よくない!」と思っていたようで、かなりゆるゆる糖質制限。そして、できるだけ子供たちと同じ食事を意識した様子。

そして、砂糖は一切廃止し、ラカントSを使っていました。糖質制限の人はこのラカントSを使っている人が多いのでは?

〔参考〕砂糖断ちの記事一覧。

間食の廃止。

これは徹底したみたいですね!

職場でダイエット宣言をしたのはこれをやんわりと拒絶するためだった様子。どうしてもお付き合いで甘いスイーツとか回ってきてついつい食べてしまう・・・甘いスイーツを「食べない」と誓っても貰ってしまうと口にしてしまう、と。だからこその宣言だった、と。

するとやはり周囲の人は遠慮してくれたようで(?)、結果として一気に間食を口にする機会が減ったことはかなり大きかった様子。

家では子どもの間食と一緒についつい食べがちだったけれど、それもすっぱりと断った様子。食事はゆるゆる糖質制限だけれど、間食は完全に廃止とメリハリを意識したのかな、と思っています。

本当に徹底していました。その日、彼女に提供されたコースのスイーツは皆で分け合いました!砂糖断ちをしているはずのわたし はペロリと美味しいスイーツをたいらげましたが何か?

運動。

元々バリバリの体育会系だった彼女。

青春を捧げた運動に再度、向き合っていました!

「ストレス発散になるし、やっぱり好きだなーと思う訳よ」と。競技の性質からしてきっちりとやれば、かなりハードな運動になると思います。彼女のダイエットの大部分はこの運動が占めているようですが、やっぱりきちんと運動をやると違うんだよねーと実感させられます

ぶよぶよの脂肪の塊だった体に、筋肉がまたきっちりとついてきているんだろうと思います。それがマイナス10kg以上に体にメリハリを生んでいるのだろう、と。

何よりもすんごーい自信がみなぎっておりました。

マイナス10kg痩せたという事実以上に運動をしていることによるストレス発散とか楽しさとか自信とかそういうものが少しずつ彼女の中に起こってきるのかなーと思いました。

体が軽くなると何もかもが軽くなる。

名言だと思いました!

「体が軽くなると何もかもが軽くなる」

そう、頭の中も心もすっきりとするみたいですよー!運動効果かもしれませんが(笑)

「おおー!一度は言ってみたいセリフだねー」と皆、絶賛の嵐でしたわー笑。やっぱり10kgも変わると大きく体感も変わるんだろうなー。本当に心の底から彼女をすごい、と思いました。

食事と運動。

極めて古典的に忠実にダイエットに取り組んだ彼女をすごい、と。

今回のダイエットが彼女にとって初めて真剣に取り組んだダイエットになります。「無理なダイエットをしてもリバウンドするかもしれないし、体にもよくない」と彼女は認識していたようで、とにかく運動量>>>摂取量を意識した様子。

ダイエットサプリメントじゃない、厳しい食事制限じゃない、ダイエットとは何か?と理論的に考え、そして、その通りに実践できた彼女がすごい!!!と心の底から感服しました。

「痩せている人は食べるモノが違うね」と言われたけれど「量じゃないの?」と思った件。 の友に今回の変化とダイエット論を聞かせてあげたいぜ!とマジで思っちゃったぜ・・・(^^;

ダイエットをすると決めたら、徹底的にやる。

多分、元々の性格もあると思うのですが、彼女は「ダイエットをする!」と決めた瞬間に「徹底的にやる!」と決心したそうです。すげー・・・さすが、武道系は心も鍛えられるんだなーとシミジミと。

そして、現在もその途上だと。

一応、目標としている体重は数値としてあるそうですが、それ以上に現在、取り組んでいる運動にもっと積極的に取り組めるような体格になりたいそう。そして、生涯、その運動と付き合っていく決心をしたみたい。「子どもと一緒にやっているよー」と笑っていました。「すごいな、鉄の自制心だな」とほとほと感心を。

それを聞いて「わたしもその運動をやろうかなー」と思っちゃったよ。マジで。

いい刺激をもらいました。本当にいい刺激。

次はお盆か来年のお正月かちょっとはっきりとしませんが、再会を楽しみにしたいものですね!そして、その場にいた皆はいろいろなことを思っただろうな~笑。

ひきかえ、わたしはこの年末年始に3kg増!

ええ、何せ、この正月に3kgも太ったわたしですからね・・・

昨夜、体重計にのったら目が点になりましたもん(*´з`)

昨年の12月22日に46kgだった はずなのに、昨夜は49kgに!久しぶりに見たぜ、49kg。「わおーすげー」と一人感動したものです・・・

この増えた分が筋肉なら嬉しいのですが、どう考えてもそうではないでしょう。年末年始の暴飲暴食 & 砂糖を使ったお菓子を食べまくった結果でしょう。

いいの、1年に1度ぐらい生活が乱れることはアリだと思うのーてへっ

さて、今日からまた心を正して、そして、生活を正していきたいと思います。

2016年度もどうぞお付き合いのほどよろしくお願いします。

2016年1月4日 ワタノユキ