2017/05/21

元気の浪費!?40歳からのジョギングはアリかナシか?

以前からやってみたいと思っていたのだけれど、踏み出せなかったものの一つにジョギングがあります。

twitterでフォローさせていただいているひらりえさん(@hirahira1130)がジョギングツイートをされるのを見てうずうずとしておりました。

が、問題はわたしの体力と年齢、そして、根性。

40歳からのジョギングはアリかナシか?

若い頃と違って、「今日から走るわ、うふふ♡」という勢いだけでは走れませんww

きちんと基礎体力をつけないと・・・

スポンサーリンク

マイスペック。

running-573762_1280

簡単にマイスペックをサラリと紹介します。

年齢:1975年生まれ。今年の4月で40歳に。

体格:身長156㎝、体重45キロ前後。BMI18.5の痩せ型。

スポーツ歴:20代の終わりから30代の初めにヨガスクールへ。その後はウォーキング&ハイキング&トレッキング。が、体力はやや心許ない。

不安:膝。特に左膝。

目標:まずは5キロ走りたい。

何故やりたいのか:やりたいから(ΦωΦ)くわっ

何故今なのか:40歳になった記念に。

懸念その1 膝。

わたしは膝がどうも弱いです。

ウォーキング時はさほど気にならないのですが、登山をするとテキメンに膝にきます(・・;)

特に下山に弱いという。歩き方の問題なのかもしれませんが、膝のクッション力は弱いという自覚があり、山へいくときはサポーター必須。

ジョギングにもサポーターあるんかなぁ?

と思ったら、きちんとありました!なので今後、走る時はこのサポーターを是非、活用したいと思います。

〔Amazon〕ジョギングサポーター

懸念その2 ジョギングを続けられるのか?

思い立ったはいいものの続けられるのか?という疑問もややあります。

特に真夏はどうやって走ろうーとか・・・

ま、わたしは典型的な朝型人間なので5時に起床をして走ればいいだけなんですがー

朝から汗をかいてシャワー浴びるのも面倒くさいなぁーとかいう横着さを発揮しないとも限らない。その点、ウォーキングはそこまで汗をかかないのでいいよねw

かといって夕方、沈みゆく太陽を背に走る姿も想像できない、という。

しんどい!わたしには無理だった!と挫折しないとも限らない。

また、走るなら、靴とサポーターにはちょこっとだけ投資しようと思っています。その投資分を回収できるのか?などなど。最低限、回収はしたいよね~、みたいな。

懸念その3 紫外線対策はどうしよう?

clouds-429228_1280

わたしは日焼け止めを使わないので真夏のウォーキングの時などはツバの広い帽子&日傘&長袖&長ズボンがセットになります。

が、ジョギングにつばの広い帽子&日傘はないよね?有り得ないよね?

となると・・・UVカットマスクとサンバイザーのセットで走ればいいのだろうか?息苦しそうだけれど・・・(・・;)

Amazon:UVカットマスクランニングサンバイザー

個人的には関西のおばちゃんらしく、こんなサンバイザーで走りたいかな笑

でも、これじゃあ息がこもるのかなぁ(・・;)わたしの息切れで曇りそうだしwww

懸念その4 40歳からのジョギングは元気の浪費!?

40歳からのジョギングって無謀?と思い、検索をかけると目に留まった記事がコレ。

〔参考〕40歳過ぎのランニングは「元気の浪費」「患者リテラシー」の有無で健康寿命は決まる

該当箇所だけ抜粋しました。

記者:例えば、健康のためにランニングをしているビジネスパーソンが今とても多いのですが、岡本先生はランニングは危険だと言われています。

岡本:基本的にそれもリテラシーの問題だと思うんですが、自然界で自ら好き好んで走る動物は人間以外いないんです。それは、走るということが有害だからです。

もちろん敵から逃げるとか、獲物を追う時は走りますが、あくまで短時間です。2時間も走っている動物はいない。

ある程度の負荷をかけるのはいいんです。骨粗しょう症の予防にもなります。息が切れない程度のジョギングはいいけど、人間ってエスカレートするでしょ う。タイムトライアルに夢中になって、4時間を切ったとか3時間を切ったとか熱中してやり過ぎますよね。若い人は精神力をつけるために多少はいいかもしれ ないけど、40歳過ぎてやるものじゃないです。体が下り坂に向かっている時に自ら痛めつけるというのは愚の骨頂です。

記者:走るよりは、自分のペースでの山登りなどを勧めていますね。

岡本:そう。リラックスもできるだろうし、景色を見ながらハイキング程度がいいんじゃないですか。

走る人は寿命が短いというデータも実際あります。走ったら元気になるんじゃなくて、元気な人が走ってるだけ。元気を浪費してるだけ。

何でも極端なことはよくないです。例えば、がんの食事療法でも、極端で厳格な菜食主義よりも、もう少し自然な食事にしたほうが治癒率は高いです。

要は、運動も食事も生き方も、極端なことをすると短命になります。

そして、この記事に関連して・・・

〔参考〕40歳過ぎのランニング 「元気の浪費」か「人生の救い」か

があります。

共通しているのは健康のために運動も食事も生き方も極端ことをするの駄目だよ、ほどほどが一番だよ、ということでしょうか?

ほどほどのジョギングをほどほどにしている分にはいいのだろう、と解釈をしておきます。

大丈夫、わたしはフルマラソンには出場する予定&根性は皆無なので。ただ、健康のためにウォーキングと同じ感覚で日常生活に取り入れるだけです。

そもそも、人ごみが嫌いなので、自分があの人ごみの中、走る気になるとはとても思えません・・・

とりあえず、ジョギングの研究をします。

マーケットプレイスにて下記の本をポチッとな。

もう勢いだけで走れる年齢じゃありません。

きちんと下調べしたうえで走るか、走らないか決めたいと思います!

あ、これで記事が続かなかったら、「ワタノさん(@Watano_Yuki)、やっぱり挫折したのね・・・」とお察しくださいませ(๑•﹏•)いつやるか?  ლ(ಠ_ಠ ლ)今でしょ!

追記 2015年12月からようやく走ることに。

遅くなりましたが、2015年11月にようやく踏ん切りがつき、走ることを決意。

後はいつまで続けられるかですね!

頑張りたいと思います。