2017/05/19

砂糖断ちと共に、かなりゆるゆる~の小麦粉断ちも実践中。

米を切らした今朝、砂糖断ち開始後、初めてパンを食べました。食パンにチーズと卵を乗せて。約2か月ぶりのパンはこんなもんか、という感じと妙に納得したワタノユキ(@Watano_Yuki)です。

そう、砂糖断ちを開始すると同時にかなりゆるゆる~の小麦粉断ちも実践。文字通りのかなりゆるゆるですが相当量減らせているかな、と。

砂糖断ちに入る前、わたしが間食としていたのはもっぱら砂糖+小麦粉のお菓子。クッキー、菓子パン、ドーナツなどなど。

参考 砂糖断ちの間、間食はどうするのか?問題を考えてみた。

で、小麦粉も美容と健康に良くないという認識はありましたが、どうしてもやめられず・・・

が、砂糖断ちに入ると上記の間食に含まれる小麦粉は自動的にカットされ、となると食事の小麦粉は意識すればかなりいけるんじゃないかな?と気づき、ゆるゆる~と実践しました。

結果として相当量の小麦粉を減らせていると思います。かなりゆるゆるですが(;´・ω・)

スポンサーリンク

菓子パンは出来るだけ避けるべし。

『食べる美女肌セラピー』によりますと美肌になりたいなら、菓子パンは食べるな!と書かれています。

美肌を目指す方、美女を目指す方には「できるだけ減らしましょうね」と言ってしまう食べ物があります。

それは、菓子パン!

菓子パンは主成分が小麦粉で、水分はほとんどなく、精製された塩分と大量の白砂糖、そして質の悪い油をたっぷり含んでいます。

この小麦粉・砂糖・悪い油こそ、クスミや乾燥、吹き出物やニキビなど、さまざまな肌トラブルの原因になったり、脂肪を燃やしにくくさせる組み合わせなんです。

『食べる美女肌セラピー』p42-43

続けて、市販の菓子パンにはトランス脂肪酸が多く含まれている加工油やショートニングなどが多く使われていることが指摘されています。

ショートニングは狂った油とも言われ、欧米では規制対象とされていますが、日本では規制がゆるくあらゆる食品に使われています。

[参考]日本は何故規制しないのか?米FDAが狂った油、トランス脂肪酸を3年以内に全廃。

菓子パンを食べる場合は高級なお店で本物のバターや国産小麦、天然塩など使って作られたものをごく少量食べましょう、とのこと。

わたしはこれを拡大解釈して、きちんとした(?)パン屋さんが作った菓子パンなら摂取OKよね、みたいな。反省ちう。。。

小麦粉が腸に悪い?

グルテン不耐症という病気が今、注目されています。

グルテンとは小麦粉やライ麦、大麦に含まれるタンパク質です。

小麦アレルギーとは、小麦を摂食するとすぐに免疫作用が起き体に異変を生じますが、グルテン不耐症の場合は一定時間が経ってから体に異変を感じます。パン、うどん、パスタ、ラーメンなどに含まれるグルテンが腸の炎症を起こし発生する病気です。

10人に1人がこの病気を持っているとされ、原因不明の体調不良や肌荒れは、このグルテン不耐症が原因だと判明した事例が数多くあります。

お腹にガスがたまる、便秘・下痢を繰り返している、小麦粉を含む食事をしたあとに疲労を感じるなどのサインがあれば、グルテン不耐症を疑う必要があります。しかし、ほとんどの人はその症状に気付いていません。

肌のきれいな人がやっていること、いないこと』p60-61

そして、続けてアメリカでは小麦粉は長年にわたり遺伝子組み換えを行ってきたために摂取してはいけない食品であるという認識が高まっているとのこと。

あのアメリカで!とちょっとビックリ。

日本でも最近は「グルテンフリー」と書かれている食品を見かけることが多くなりましたね。グルテンフリーダイエットなるものもあるようで・・・

完全なる「小麦粉断ち」をしてみようと思う。

bread-587597_1280

また、以前どこかで読んだ本でも「パンは常食すべきじゃない!朝食に食パンを食べるのはもってのほか」論を読んだ記憶が。健康のために出来るだけパンは避けるべきだ、と続いていたと記憶しています。

小麦粉は砂糖と同等かそれ以上に数多くの食品に含まれており、完全なる除去は相当大変。特にメインの食材に使われているし、お手軽なのでついつい食べてしまうけれど。

うどん、パスタ、ラーメン、そうめんなどの麺類はもちろん、ケーキやクッキー、ドーナツ、バウムクーヘン、どら焼きなど。主原料ではありませんが、ホワイトソースやシチュー、カレーなどにも含まれていますよね。

『食べる美女肌セラピー』p44

が、減らすことを意識するだけでも違うのかな、と。

そして、今まではゆるゆる~な小麦粉断ちですが、来週から1~2週間、完全なる小麦粉断ちを実践してみようか、と思っています。

そして、体調の変化を見てみようか、と。

体に何らかの変化がでるようなら(いい変化ならば!)、わたしはグルテン不耐症と認識できるでしょう。変化がなければ、まぁそれはその時!

わたしはひょっとするとたまに感じる腹部膨満感がグルテンの影響かな、と考えているので・・・事実、今朝、食パンを食べて現在、微妙に腹部膨張感を感じております・・・(;´・ω・)最近、マシだったのに。

ちょっとドキドキちう・・・

関連記事。

上記でも書いております腹部膨満感ですが、わたしの場合、原因は小麦粉ではなく卵でした。

2015年8月に 遅延型フードアレルギー検査 を受けましたが、わたしは小麦粉、グルテンのいずれにもアレルギー反応を示しておりませんでした。

しかし、小麦粉は減らした方がいいのだろうと体感を得ておりますので、減らしたいものですね・・・なかなか難しいですがorz

また、ノバク・ジョコビッチ選手の小麦粉に対する本も参考になりましたよ。